環境負荷物質の削減と管理

製品の環境負荷物質低減とサプライチェーン

製品含有化学物質管理の取り組み

ノーリツグループは、化学物質管理システムの構築と調査依頼・回答を通じてCSR調達の強化に取り組んでいます。製品における有害物質低減については「ノーリツグループ環境負荷物質管理指針」※1に基づいて製品含有化学物質の管理をおこなっています。また、有害物質対応商品(GP対応商品)※2の開発に取り組み、その商品の構成比の拡大を図っています。2018年からはデータ管理システムを導入し、含有状況の把握と管理精度を向上させています。

  • ※1ノーリツグループ環境負荷物質管理指針:2005年2月に制定しました。
  • ※2有害物質対応商品=GP対応商品:RoHS指令対象10物質(または6物質)に当社独自の20物質を加えた30物質(または26物質)を基準濃度以下にした商品です。温水機器、厨房機器、ソーラー機器、暖房機器、コージェネレーション機器等が対象です。
GP対応商品の拡大

サプライチェーンにおける取り組み

RoHS指令等に代表される製品含有化学物質の規制は強化・拡大されていく傾向にあります。これに対応していくために設計・購買・品質保証・製造・営業といったノーリツグループ内での取り組みだけでなく、取引先さまとの協働が不可欠になります。そのために、「CSR調達ガイドライン」を制定し、地球環境との共生を掲げ、取引先さまとの共存共栄に努めていきます。

PAGE TOP