環境経営

環境理念・環境基本方針

私たちは「きれいな地球を次の世代へ」をスローガンに、環境管理システムを構築し、環境負荷低減をはじめとした具体的な計画をもとに、ノーリツグループ全体で環境保全活動に積極的に取り組んでいます。

環境理念

私たちは、良き企業市民として循環型社会の実現を目指し、あらゆる事業活動において環境保全に積極的に取り組みます。

スローガン

~きれいな地球を次の世代へ~

環境基本方針

  1. 環境管理システムの構築
    環境管理システムを構築し、継続的改善を図ることで社会責任を果たします。
  2. 製品および事業活動において環境負荷低減
    製品および事業活動において、環境へ配慮し、地球温暖化の防止、省資源、有害物質・廃棄物削減・生物多様性の保全など、環境負荷の低減をおこない、循環型社会の実現に貢献します。
  3. 環境リスクの低減
    環境関連法規類の遵守はもとより、企業として社会的責任を自覚した自主基準を設け、環境リスクの低減、汚染の予防に努めます。
  4. 環境コミュニケーションを通した環境保全活動の推進
    環境教育を通じて一人ひとりの環境意識の向上を図り、地球環境問題の深刻化を認識するとともに良き企業市民として社会・地球における環境保全活動を実施していきます。

重点課題

「エコ・ファーストの約束」を策定

ノーリツグループは、「企業の成長」と「環境推進」の両立を目指した「エコ・ファーストの約束」を策定しています。

エコ・ファーストの約束

環境経営推進体制

ノーリツグループにおける環境保全活動の重要実施計画は、代表取締役社長が委員長を務める「CSR委員会」で審議・決定されます。ここで決定された「エコ・ファーストの約束」は、各執行部門の課題に落とし込まれ、活動の結果がフィードバックされる仕組みになっています。また、執行部門をまたがる個々の重要な課題に対しては、コーポレートコミュニケーション部 環境推進グループが中心となり、グループ会社も含めた環境会議やワーキンググループを設けてPDCAサイクルを回しています。

環境会議

環境会議

環境経営推進体制

環境マネジメントシステム(EMS)の構築

ノーリツグループの環境マネジメントシステムは「きれいな地球を次の世代へ」をスローガンに、環境大臣と交わした「エコ・ファーストの約束」を環境目標に掲げ、部門単位で計画を策定し運用しています。内部監査で成果を確認し、マネジメントレビュー後に外部審査機関の審査を受けて継続的な改善につなげています。

ノーリツグループの環境マネジメントシステムの認証取得状況(2019年1月末時点)

ISO14001(ノーリツ)

生産事業所
NAM事業所 1997年 3月
加古川事業所 1999年 6月
明石事業所 2000年 3月
事務系
ノーリツ本社 2015年 3月
西新町事業所 2004年 4月

ISO14001(グループ会社)

生産事業所(国内)
信和工業(株) 2000年 3月
第一電子産業(株) 2000年 3月
(株)アールビー本社・温水事業所 2001年 2月
(株)アールビーバスライフ事業所 1999年 6月
(株)ハーマン 1999年 11月
(株)多田スミス 2002年 1月
大成工業(株)本社工場 2004年 2月
大成工業(株)播磨第二工場 1999年 11月
大成工業(株)播磨第三工場 2006年 12月
大成工業(株)稲美工場 2004年 2月
(株)エスコアハーツ 2010年 10月
生産事業所(海外)
能率(中国)投資有限公司 2010年 3月
能率(上海)住宅設備有限公司 2010年 3月
東莞大新能率電子有限公司 2007年 3月
櫻花衛厨(中国)股份有限公司 2008年 6月
佛山市櫻順衛厨用品有限公司 2014年 5月

ISO監査結果報告

環境マネジメントシステム体制

各部門責任者および各グループ会社経営者が責任を持ち、マネジメントレビューをおこないます。それを集約する形で全体マネジメントレビューを実施します。
ノーリツグループ全体の活動状況を経営者がモニタリングできる体制を構築しています。

環境マネジメントシステム体制強化

内部環境監査員講習会

ノーリツグループでは社内講師による講習会を開催し、内部環境監査員を育成しています。現在、約370名の内部環境監査員が環境改善に関する知識を活用し、内部環境監査にあたっています。

内部環境監査員講習会

内部環境監査の実施

2018年6月15日~7月31日に内部環境監査を実施しました。ISO14001の要求事項を満たし、更にパフォーマンスが意図した成果通りに上がっているのかどうかを監査しました。結果、不適合0件、改善事項32件を抽出しました。今後の環境パフォーマンスの向上に役立たせます。

内部環境監査の実施

マネジメントレビュー・内部監査報告会

ノーリツグループでは、「環境パフォーマンスの向上」「法令順守」「環境目標の達成」について経営者によるマネジメントレビューおよび内部監査報告会を実施しています。内部監査を行った監査員と意見交換することで、しっかりと現場の状況を共有し、継続的な環境パフォーマンスの向上につなげています。

マネジメントレビュー・内部監査報告会

外部審査

ノーリツグループでは、定期的に外部審査登録機関による審査を受けています。指摘された項目については、速やかに是正し継続的な環境パフォーマンスの向上に取組んでいます。

外部審査

リスクマネジメント

環境汚染防止

ノーリツグループは、環境関連法規制および関連基準を遵守し、ISO14001に基づいた遵守評価を実施し、環境リスクの低減、環境汚染の予防・防止に努めています。

主な環境汚染リスクを、以下の7項目に定義しています。

「有害物質の流出」「土壌汚染」「水質汚濁」「大気汚染」「騒音・振動」
「廃棄物の不適正処理・違法投棄・越境移動」「地球温暖化(CO2の排出)」

2014年から環境リスクの「チェックリスト」を作成・運用し、セルフチェックの結果をもとに問題点を把握しています。例えば、廃棄物に関しては生産事業所の「廃棄物処理フロー」を作成し、廃棄物の流れを見える化しています。

「地球温暖化(CO2の排出)」については、生産事業所のエネルギー使用状況を詳細に調査し、見える化することにより、今後のCO2削減対策への活用を進めています。

緊急事態への準備および対応

事業活動における法遵守、環境問題の発生防止、環境リスクの最小化を図るために、作業標準に基づき、設備点検および必要なメンテナンスを実施しています。また、万一の環境事故の発生を想定し、汚染を最小限に抑えるための事故対応手順を定め、緊急事態対応訓練を定期的に実施しています。

緊急時に備えて設備点検と実地訓練

緊急時に備えて設備点検と実地訓練

有機溶剤の管理

ノーリツグループでは2015年から毎年、有機溶剤の管理状況の確認をおこなっています。具体的には、労働安全衛生法における「特定化学物質障害予防規則および有機溶剤中毒予防規則」に基づく、現場での保管状況・排気・作業環境測定・教育・健康診断の実施などについて調査し、適切な管理が実施されていることを確認しています。さらにサプライヤーについても同様の調査を実施しています。

PAGE TOP