トップメッセージ

代表取締役社長 腹巻 知

カーボンニュートラルへの対応

「製品」「事業活動」の両軸でCO₂ 排出量削減を推進

気候変動問題の深刻化を背景に、いま全世界でカーボンニュートラル(脱炭素社会)への動きが加速しています。当社の主力製品はまさに「CO₂を排出する機器」であり、気候変動(地球温暖化)の要因であることから、CO₂排出量の削減は事業の根幹に関わる問題であると認識しています。低炭素・脱炭素社会の実現に向けた2050 年までのロードマップを作成し、今後も積極的な取り組みを続けていく方針です。

まずは低炭素社会実現フェーズとして、2030年までに当社グループの販売する製品から排出されるCO₂を大幅に削減します。潜熱回収型(コンデンシング)の高効率ガス給湯器「エコジョーズ」や、ガスとヒートポンプを組み合わせたハイブリッド給湯・暖房システムなどの高効率温水機器、あるいは太陽熱利用システムなどの創エネルギー機器といったCO₂削減に貢献する製品や技術の開発と普及に積極的に取り組んでいきます。

同時に「CO₂の見える化」など、製品ライフサイクルを見据えた、適切で具体的な環境情報をお客さまにわかりやすく提供していく活動を推進します。これらにより、お客さまが製品使用時に排出するCO₂を、2030年までに(2018年度比)30%削減することを目指します。

一方で、事業活動によって排出されるCO₂の削減にも注力します。ノーリツグループは、2020年12月、日本企業45社目となるRE100に加盟しました。2030 年までに国内の生産事業所で、2050年までに海外を含む全事業所でのRE100達成を目指します。また、2022年1月からインターナルカーボンプライシング(炭素排出への価格付け)を導入し、CO₂削減につながる設備投資の優先順位を引き上げます。以上の取り組みによって事業活動によるCO₂排出量を、2030年までに(2018年度比)50%削減していくことを目標に掲げています。

事業の使用電力を100%再エネで賄うことを目指す国際的なイニシアティブ。

日本政府の目標改定を受け、ノーリツグループもCO₂排出量削減目標を改定

Q+ESG の取り組み

社会・環境課題と事業課題の融合により企業価値向上を目指す

当社グループは2014年から品質(Q)を最重視し、環境(E)、社会(S)、ガバナンス(G)への取り組みを価値創造の基盤とする「Q+ESG 経営」を進めてきました。2020 年には「社会・環境長期ビジョン2030」と「Vプラン23」の策定に合わせてマテリアリティの見直しを行い、2023年をターゲットに全10テーマのマテリアリティを設定しました。Q+ESG 戦略として推進し、社会・環境課題と事業課題の融合を目指していきます。

Q(品質)については従来通りメーカーの最重要課題と位置づけ、設計・生産・施工全てのフェーズで継続的な品質向上に努めることにより、今後3年間で不良率(故障率)を現状の半分まで引き下げることを目標に取り組んでいきます。

E(環境)については、先述したように「製品使用によるCO₂削減」「事業活動におけるCO₂削減」の両輪でカーボンニュートラルの実現に貢献していくほか、生産活動に伴う廃棄物の削減、使用済み製品におけるリサイクルの拡大、カーボンオフセットサービスを利用した森林育成・生物多様性の保護などにも注力していきます。

S(社会)については、高齢者の入浴事故を防止する見まもり機能や衛生ニーズの高まりに対応した除菌機能を搭載した給湯器、共働き世帯の家事負担を軽減するマルチグリル搭載コンロなど商品・サービスを通じた社会課題解決に努めています。一方、従業員エンゲージメント向上に向け、次代を担う人材の育成やダイバーシティの推進、働き方改革、健康経営などの取り組みを積極的に進めています。

G(ガバナンス)に関しては、2019 年の監査等委員会設置会社への移行や取締役削減による社外取締役の構成比引き上げなどを実行し、意思決定の迅速化とともに経営の監視・監督を強化してきました。今後も気候変動リスクに対する情報開示や取締役会の多様性確保など、改訂コーポレートガバナンスコードへの対応にも努め、企業価値向上につなげていきます。

なお、ノーリツは2012 年に国連グローバル・コンパクトに署名し、4分野10原則に基づいた事業活動に取り組んでいます。

PAGE TOP