国連グローバル・コンパクト、
持続可能な開発目標(SDGs)

国連グローバル・コンパクト

国連グローバル・コンパクトへの署名

ノーリツは2012年12月、国連が提唱する「国連グローバル・コンパクト(UNGC)」が定める4分野(人権、労働、環境、腐敗防止)10原則の取り組みに賛同し署名しました。その10原則に則り、社会と企業がともに持続可能な成長を果たすため、企業理念や世界的な枠組みに基づいた活動を進めています。

国連グローバル・コンパクトの10原則
サーティフィケート

国連グローバル・コンパクトの署名証明書

国連グローバル・コンパクトの推進

国連グローバル・コンパクトの原則実践

ノーリツは、国連グローバル・コンパクトの4分野10原則をより確実に実践するため、グループ各社の行動基準となる「ノーリツグループ行動基準」を2014年に改訂しました。以来、毎年5月・9月をコンプライアンス月間として意識を高めています。同年に「CSR調達ガイドライン」も制定し、SAQ(SAQ: Self-Assessment. Questionnaire 自己問診)による調査やヒアリングを進めています。

2016年4月には人権方針を制定し、人権教育をグループ会社へも展開しました。

グローバル・コンパクトの4分野10原則の様々な課題を機会と捉え、社会の継続的発展と企業の持続的成長を実現していきます。

持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)への対応

SDGsへの貢献を通じて

グローバルの社会環境は近年大きく変化し続けており、貧困・格差や気候変動といった社会が健全に発展し続けるための課題を抱えています。そうした社会課題解決に世界全体で取り組むために、国連は2015年9月に「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」を採択し、持続可能な開発目標「SDGs」を掲げました。
ノーリツグループはこれらの課題解決に貢献することを成長の機会と捉え取り組んでいます。

世界をリードする技術で、環境負荷を低減し健康で快適な暮しを実現する新たな価値の提供を目指します。

ノーリツグループのSDGsへの考え方

SDGsとバリューチェーン

私たちが重視するSDGs目標とバリューチェーンの取り組み

2015年に国連で採択された「SDGs」(持続可能な開発目標)の中でも、ノーリツグループの事業活動と特に関わりの深い「No.13」(気候変動対策)と「No.12」(つくる責任/つかう責任)の2つの目標を重視して取り組んでいます。
ノーリツグループは国際社会の一員として「SDGs」の実現に貢献するとともに、機会と捉え事業活動を推進しています。

私たちが重視するSDGs目標とバリューチェーンの取り組み私たちが重視するSDGs目標とバリューチェーンの取り組み

ノーリツのSDGsへの取り組みはこちら

SDGsの浸透

SDGs浸透に向けた取り組み

ノーリツグループでは、SDGsを理解し社会課題に対する意識を高めるために社内研修やワークショップを実施しています。昨年は、関連部門をはじめ新入社員研修やグループ会社へのCSR研修の中で、SDGsを学習したりワークショップを開催しました。

CSR研修の実施

ノーリツグループでは、社会の要請や期待と自社の活動を融合させることで、新たな価値を創造し企業価値向上に繋げることを目指して、取締役や従業員を対象としたCSR研修をおこなっています。研修を通じて私たちが価値創造の源泉として大切にしている「Q+ESG」(Q:品質+E:環境 S:社会 G:ガバナンス)における社会の要請や期待を正しく理解することで、SDGs到達に繋がる取り組みをおこなっています。

CSR研修の実施

社内でのSDGsワークショップの開催

SDGsを理解するための取り組みとして、サプライチェーンにおいてどの様な課題に取り組むことが出来るかを考え、アイデアを話し合う場としてワークショップを開催しています。新入社員から部門長まで階層や職場ごとに開催することで、SDGsの理解や自分達にできる取り組みを検討しました。

社内ワークショップ

社外でのSDGsワークショップの開催

2018年度は、関西学院大学様にてノーリツグループのCSRの取り組み紹介とSDGsのワークショップを開催しました。このワークショップを通じてSDGsを知るとともに、将来を担う若い世代の方々に社会の課題を自分ごととして捉えていただければと願っています。

社外ワークショップ
PAGE TOP