コンプライアンス

コンプライアンスの定義

ノーリツは、コンプライアンスを「法令、定款、社内規程および社会規範なども含めた『企業倫理』の遵守」と定義し、当社グループの役員および従業員を対象とした「ノーリツグループ行動基準」を制定し、その遵守を図っています。

ノーリツグループ行動基準

ノーリツグループでは、お客さまや社会から選ばれ続ける企業グループとなるため、「ノーリツグループ行動基準」を制定しています。
この行動基準を通じて、グループ内の全従業員が「正しい行動」についての価値観を共有し、グループ全体でコンプライアンス意識の維持・向上を目指しています。

ノーリツグループ行動基準

コンプライアンス推進体制

ノーリツグループでは、グループ内のコンプライアンスを実践するため、次のような推進体制を確立し、運用しています。

コンプライアンス推進体制図

ノーリツホットライン

ノーリツホットラインロゴ

ノーリツは、当社グループの役員、従業員およびその家族が利用できる法令違反行為や重大な社内規程違反などの通報窓口として、「ノーリツホットライン」を設けています。通報の窓口は社内と社外(社外の法律事務所)の2つがあります。
また、通報者の秘密を守ると同時に、通報した本人がそのことを理由として不利益を受けることのないよう、運用規程により報復行為を禁止することで、通報者を保護します。

コンプライアンス推進活動

ノーリツグループ全体にコンプライアンス意識が浸透定着した組織風土を醸成し各部門および、各社に自浄作用を根付かせるため、コンプライアンス推進活動を実施しています。

コンプライアンス推進活動のPDCAサイクル

コンプライアンス推進活動のPDCAサイクル

コンプライアンス月間

毎年5月と9月の年2回をコンプライアンス月間と定め、ノーリツグループ行動基準などをもとに、各職場においてコンプライアンスについて考える、または話し合う機会を設定しています。

2017年度の活動

5月 コンプライアンス事例を用いた職場ミーティング
9月 情報セキュリティ研修

コンプライアンス研修

2017年度は以下の各研修を実施しました。

ノーリツ
  • 新入社員向けコンプライアンス研修
  • 新任管理者向けコンプライアンス研修
  • 営業部門向けパワハラ研修
国内グループ会社
  • 新任役員研修
  • 不正防止研修
  • 各種法務研修

(契約書関連・個人情報保護法・労働法など)

その他、委託先企業に対するコンプライアンス研修も実施しました。

コンプライアンス意識調査

ノーリツは、職場環境および職場のコンプライアンス意識を高めるためにコンプライアンス意識調査を毎年実施しています。調査結果を取締役会に報告するとともに、フィードバックシートの作成や各部における課題の立案などにも活用しています。

2018年度 計画

例年の新入社員および、新任管理者を対象としたコンプライアンス研修に加えて、法務リスクマップに基づく部門単位の法務研修を予定しています。
また、国内外のグループガバナンスを強化する取り組みも実施します。

2017年コンプライアンスの取り組み事例 紹介

製造部門&法務部門 合同企画
製造部門向けコンプライアンス事例 公募企画

2017年度は、製造部門を対象としたコンプライアンス事例の公募企画を実施しました。優秀賞を受賞した従業員を表彰し、また、その事例は新たな「製造部門向けコンプライアンス事例集」に追加しました。
今後もコンプライアンス啓発活動の一環として、取り組みを継続していきます。

コンプライアンス事例

ノーリツホットライン

ノーリツグループの役員および従業員は、法令違反行為や重大な社内規程違反などの情報を、直属の上司や関連部署に通報する義務があります。しかし、その情報を報告しても直属の上司や関連部署から支援を得られない場合や、報告を避けたい理由がある場合には、その通報先として、「ノーリツホットライン」に連絡することができます。

通報の受付は社内窓口と社外窓口(社外の法律事務所)の2つを設けており、通報者は事情に応じていずれかを選択できます。また、役員・従業員の家族からの通報も受け付けています。

通報の受け付けは専門担当者のみが担当し、その後の調査なども含めたいずれの段階においても、通報者の秘密は守られます。また、通報した本人がそのことを理由として不利益を受けることのないよう、運用規程により報復行為を禁止しており、通報者を保護します。

ノーリツホットライン
PAGE TOP