ハイブリッド給湯システム ハイブリッド給湯システムの特長

かしこい選択をすることでスマートなエコライフを実現します。
しかもハイブリッド給湯システムはエコ機能が充実。

環境性と太陽光利用

ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)の達成にも大きく貢献します

※ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)とは
家庭でのエネルギー消費に対して、断熱・省エネ・創エネによってエネルギー収支が正味でゼロになる住宅のこと。住宅の省エネ化に伴って、”光熱費が安い” “屋内の温熱環境が良い”等のメリットがあります。2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEH化をすることが推奨されています。

業界最高レベルの省エネ性を実現!

●建築物のエネルギー消費性能に関する技術情報(国立研究開発法人建築研究所)協力:国土交通省国土技術政策総合研究所)によるエネルギー消費性能計算プログラム(住宅版)

※1 JGKAS A705に基づく年間給湯効率(6地域)
※2 建築物のエネルギー消費性能に関する技術情報(国立研究開発法人建築研究所)協力:国土交通省国土技術政策総合研究所)によるエネルギー消費性能計算プログラム(住宅版)6地域

●建築物のエネルギー消費性能に関する技術情報(国立研究開発法人建築研究所)協力:国土交通省国土技術政策総合研究所)によるエネルギー消費性能計算プログラム(住宅版)6地域
●基準給湯器は、上記プログラムに設定のガス給湯器

※エネルギー消費性能プログラム(住宅版)(国立研究開発法人建築研究所)より(6地域、UA値0.6、他デフォルト)暖房:主たる居室にて温水式床暖房(敷設率50% 上面放熱率90%)orエアコン(省エネ区分い)、エコジョーズ(暖房部熱効率87.0%、給湯部モード効率86.6%)

業界唯一!自然冷媒を採用

冷媒改修不要

効率が良く環境性に優れた自然冷媒「R290」をハイブリッド給湯システムとしては業界で唯一採用しています。

※2020年1月当社調べ

※この冷媒は一般的な家庭用エアコンで使用されているものです。(2020年1月現在)

環境に配慮!CO2排出量を大幅削減

従来のガス給湯器(LPガス)と比べて年間約670kg-CO2(約47%)、エコキュート(JIS3.3)と比べて年間約180kg-CO2(約19%)も削減します。

●建築物のエネルギー消費性能に関する技術情報(国立研究開発法人建築研究所)によるエネルギー消費性能設計プログラム(住宅版)より(6地域) LPG6kg-CO2/㎡(環境省「地球温暖化対策の推進に関する法律施行令第3条」) 電気0.512kg-CO2/kWh(環境省「電気事業者別のCO2排出係数(2016年実績)における代替値」)

太陽光発電利用
太陽光で発電した電気は自家消費する時代へ

太陽光発電でつくられた余剰電力の、買取価格は年々下落の傾向にあります。

余剰電力は売るより使う方がおトク!

消費優先モード

太陽光発電でつくられた電力をおうちで優先的に使うことで、よりランニングコストを削減することができます。
外出先からもわかすアプリで消費優先モードの設定が可能です。

こんなにおトクになります!

従来型給湯器と比べて年間約97,000円削減(約79%)

[試算条件]
●年間給湯・保温負荷18.4GJ ●LPG料金4.9円/MJ
※出店元:石油情報センター (平成27年度月次平均価格(50ml)データの丹単純平均より
●東京電力従量電灯B契約料金に準拠 ●東京地区、戸建て住宅・4人家族 ●太陽光圧電あり(4kW)

1日の運転パターン例

売電優先モード

太陽光発電による売電量を増やしたい場合に設定いただけます。

太陽光発電をする時間帯にヒートポンプ運転を停止。同時に、事前にヒートポンプを運転して貯湯しておく場合と、バックアップのエコジョーズを使用する場合のどちらかが省エネであるかを自動判断します。

災害対策の強化

災害後、電力が復旧した日数を知っていますか?

※1 出典:経済産業省「平成28年熊本震災への対応と災害対応体制の構築に向けた取組(PDF)」
※2 出典:経済産業省「令和元年に発生した災害の概要と対応」

地震や台風、集中豪雨。想像もしていなかったような災害が起こる時代です。
そんなもしもの時にも、お湯が使える安心をご提供します。

電気、ガスのエネルギーが両方遮断されても、安心してお湯を使用できます。

停電時※1、非常用電源の電気を利用して、貯蓄ユニット側※2のお湯が使えます。

※1 ガス開通時のみ。
※2 貯蓄タンクのお湯を使い切ると、ガス給湯器でのお湯が減少するため、引き続きお湯が使えます。

接続可能な非常用電源は下記URLからご確認ください。
https://www.n-techdocs.com/qr/documents/GISI077

※太陽光発電システム・蓄電池インバーター発電機など

電気が供給されていれば、ヒートポンプが作動してお湯を作ることが可能です。

お使いのリモコンで応急運転を設定します。

貯蓄タンクのお湯を取り出して、非常用としてお使いいただけます。

※飲料水としての使用はできません。

※トイレで排水に必要な水量を4ℓ/回としています。トイレの機種によって必要な水量が異なります。
※ユコアHYBRID最大140ℓ貯湯時