製品に関する大切なお知らせ 製品に関する大切なお知らせ

右図のようなガス機器は以下の「注意事項」「安全確認に関する事項」をご確認ください。

故障表示が出ているときは

不具合が生じたとき、時計表示部に故障表示が点滅します。

取扱説明書に記載以外の表示が出たり、取扱説明書に記載の処置をしても繰り返し表示するときはご使用を中止し、販売店、または当社窓口にご連絡ください。

屋外設置形ガス給湯機器ご使用時の注意事項

排気ガスの室内流入にご注意ください。

おふろをわかしているときや、シャワーを使っている時は、浴室の窓を閉めてください。

排気ガスが浴室内に入って一酸化炭素中毒の原因になります。

やけどにご注意ください。

シャワーなどお湯の使用時は、リモコンに表示の温度をよく確かめ、手で湯温を確認してから使用してください。

60℃の高温で使ったあと、あらためて使用するときは特にご注意ください。

入浴前に浴槽湯温を手で確かめてから入浴してください。

やけどの予防のため。

追いだき中は、循環アダプターからあついお湯が出るのでさわらないでください。

やけどの原因になります。

排気口や排気筒のまわりは、使用中や使用後しばらくは高温ですので手をふれないようにしてください。

小さなお子さまのいるご家庭では特にご注意ください。

波板などで屋外設置形ガス給湯機器を囲わないでください。

増改築などによって、給湯機器本体を屋内状態にしないでください。
また、波板などで囲いをしないでください。

一酸化炭素中毒・火災の原因になります。

周囲の防火措置をしてください。

給湯機器本体のまわりに燃えやすい物を置かないでください。

火災の原因になります。

屋外設置形ガス給湯機器ご使用時の注意事項

製品を安全にお使いいただくために、月に1回は次の点をご確認ください。

機器使用後は本体内のお湯が高温になっていますのでご注意ください。

危険

特に以下のような経年劣化が進んでいる屋外設置形のガス給湯器をそのままご使用されるのは、たいへん危険です。すぐに「あんしん点検」をお受けください。

屋外設置形ガス給湯器の例

  1. 1

    給湯器の外装下部がひどく錆びている。
    器具内部の腐食が進み、電装部品の故障やガス漏れの恐れがあります。

  2. 2

    給湯器の下部が濡れている。
    器具内部の腐食が進み、電装部品の故障やガス漏れの恐れがあります。

  3. 3

    排気口の周りが黒くなっている。
    不完全燃焼をしている可能性があり、一酸化炭素中毒の恐れがあります。

さらに危険です!

雑草などが給湯器周辺に生えている場合、雨水が給湯器に流れ込み内部が腐食しガス漏れの恐れがあります。

  • 給湯器周辺の雑草はこまめに除去してください。
  • 万一、雑草が給湯器周辺に接触して生えている場合は除去すると共に給湯器内部の安全確認が必要です。
  • 経年劣化による事故が実際に発生しています!

上記 1 2 の症状により特に経年劣化が危惧される 給湯器リスト

製品型式名 発売期間 製品型式名 発売期間
GRQ-241A 1988年~1994年 GT-242AR 1990年~1995年
GRQ-241SA 1989年~1994年 GT-242R 1990年~1992年
T-207SAR 1995年~1998年 GT-243AR 1992年~1997年
T-208SAR 1996年~1998年 GT-243ARX 1992年~1997年
T-247ARX 1995年~1998年 GT-243R 1992年~1997年
T-247SAR 1995年~1998年 GT-1610ARX 1995年~2000年
T-248SAR 1996年~1998年 GT-1610R 1995年~2000年
GT-161AR 1988年~1991年 GT-1610SAR 1995年~2000年
GT-161R 1989年~1991年 GT-1611ARX 1995年~2000年
GT-162AR 1990年~1993年 GT-2010ARX 1995年~2000年
GT-162R 1990年~1993年 GT-2010R 1995年~2000年
GT-165AR 1992年~1996年 GT-2010SAR 1995年~2000年
GT-165ARX 1992年~1996年 GT-2012SARX 1997年~2000年
GT-165R 1992年~1996年 GT-2410ARX 1995年~2000年
GT-202AR 1992年~1996年 GT-2410SAR 1995年~2000年
GT-202R 1992年~1996年 GT-2411ARX 1995年~2001年
GT-241AR 1988年~1990年 GT-2411ARXS 1998年~2001年
GT-241R 1988年~1990年 GT-2412SARX 1997年~2001年

上記 給湯器リスト に記載している給湯器をご使用されているお客さまは、
下記「給湯器リスト お問い合わせ窓口」にご連絡いただき、有償点検をお受けください。

  1. 上記給湯器リスト専用点検料金:
    ¥5,400(税込)
    点検料金内訳(税別)‥
    点検診断料金(諸経費含む):2,000円 
    出張料:3,000円
  2. 点検内容
    経年劣化の度合いを確認し、継続し安全にご使用いただけるかを診断します。

※ご注意

  • 点検の結果、修理が必要となった場合には、別途修理(有償)を受付いたします。
  • 点検した機器の劣化状態や補修用部品の保有年数によっては買い替えをご提案させていただく場合があります。
  • 特殊な設置などの場合に、必要となった実費相当額を申し受けます。
  • 離島および離島に準ずる遠隔地の場合は別途、実費相当額を申し受けます。
  • ご訪問に際して駐車代金、高速料金などが発生する場合は、実費相当額を申し受けます。

給湯器リストお問い合わせ窓口

ノーリツコンタクトセンター
0120-911-026
通話料無料
※ 携帯電話からは0570-064-910
(通話料がかかります)
受付時間 年中無休、24時間修理受付

音声ガイダンスに従って修理の受付・故障に関するお問い合わせ「1」を押してください。
お電話のおかけ間違いにご注意ください。

※【ナビダイヤル:音声ガイダンスでおつなぎします。】

お客さまで番号非通知設定をご利用の場合はおつなぎできませんのでダイヤルの前に「186」を加えるなど、お電話番号を通知しておかけください。音声ガイダンスにしたがって修理の受付・故障に関するお問い合わせ「1」を押してください。

※修理や点検はノーリツサービス認定店がおこなっております。

【免責事項】
  • 本点検は点検実施時点の機器の安全を確認するものであり、継続的な性能維持や故障予防を保証するものではありません。
  • 点検完了後の不具合については、因果関係が明確でない場合は保証いたしかねます。
  • 点検結果により修理が必要となった場合は、修理終了以前の機器使用は原則、中止とさせていただきます。
  • 有償の整備、修理、機器の設置改善、機器の交換(買替え)につきましては、総合判定を点検員から十分にお聞きいただきまして、お客さまが判断していただくことになります。
【点検の際お預かりする個人情報の取扱いについて】

当社でお預かりしているお客さまの個人情報の開示、訂正、利用停止のお申し込み方法はこちらをご確認ください。

個人情報についてのお問い合わせ先
〒650-0033 神戸市中央区江戸町93 栄光ビル 株式会社 ノーリツ 法務室 個人情報担当
電話番号:078-391-3361 受付時間:平日9:00~17:00

長期間ご使用の給湯器は、
ぜひ点検を!

本体から変な臭いや音がしたら、
すぐに点検を受けてください。

ノーリツの点検診断はこちら
PAGE TOP