製品に関する大切なお知らせ 製品に関する大切なお知らせ

法律に基づく点検について

法定点検とは

法定点検とは「特定保守製品」(※1)を購入していただいたお客さまへの有償点検です。

(※1)2009年(平成21年)4月以降に製造の特定保守製品が対象です。
温水暖房付の屋内式ガス瞬間湯沸器については、2011年(平成23年)7月以降に製造の製品が対象になります。

長期間の使用に伴い生ずる劣化(経年劣化)により、安全上支障が生じ、特に重大な危害を及ぼすおそれが高い「特定保守製品」9品目について、「消費生活用製品安全法(消安法)」が改正され、「長期使用製品安全点検制度」が2009年(平成21)年4月1日より施行された点検制度です。
特定保守製品の所有者は、「所有者登録」を行い、設計標準使用期間(業務用3年/家庭用10年)に基づき、点検期間中に「法定点検(有償)」を受けることが求められています。
所有者登録をしていただくと、点検期間が始まる前に「法定点検通知」を郵送します。

制度に関する義務・責務について

長期使用製品安全点検制度では、安全を推進していくためにお客さま(所有者または管理会社)および各事業者においての義務と責務が決められています。

消費生活用製品安全法についての詳細は経済産業省のホームページをご確認ください。

ノーリツの対象機器(特定保守製品)

2009年(平成21年)4月以降に製造の特定保守製品で、以下の製品が対象です。
温水暖房付の屋内式ガス瞬間湯沸器については、2011年(平成23年)7月以降に製造の製品が対象になります。

(※1)給湯能力32号以下

こちらの製品にはカタログ・取扱説明書、製品同梱の所有者票に「特定保守製品」と記載されています。
なお、ガス暖房専用熱源機・石油暖房専用熱源機は特定保守製品ではありません。

給湯機器などの対象製品検索
お使いのノーリツ製品の点検時期の目安を確認できます。

法施行前(2009年3月以前)に製造された「特定保守製品」を10年近くお使いの方は、安全・安心のために速やかに、点検(法律に準じた点検)のご検討をお願いします。
詳しくはこちらをご確認ください。

点検までの流れ

2009年(平成21年)4月以降に製造の特定保守製品が対象です。
温水暖房付の屋内式ガス瞬間湯沸器については、2011年(平成23年)7月以降に製造の製品が対象になります。

第3階層

販売事業者から点検制度の説明を受けてください。

第3階層

所有者登録はがきをご記入・投函していただくか、インターネットで登録してください。
※所有者票はがきの記入は、販売事業者の代行も可能です。

第3階層

点検時期が来たら、ノーリツから点検通知をお送りします。

第3階層

ご都合の良い日に、はがきかお電話にて、点検(有償)をお申込みください。

第3階層

お客さまが立会いのもと、点検を受けてください。
※点検料金については
こちら

製品により「点検お知らせ機能」が作動する場合があります。詳細はこちらをご確認ください。

点検実施について

点検内容 「長期使用製品安全点検制度」について製品の区分ごとに点検項目、内容が定められています。ガス・石油給湯機器、ビルトイン式食器洗い機によって、それぞれ異なりますが、およそ30の点検項目があります。(機器のオーバーホールなどは行いません。) 点検時間は、点検終了後の点検内容のご説明、注意事項のご案内などを含め、1時間程度必要になります。
点検診断担当員 法律で定められた点検基準により実施するもので、法定点検員資格を有した最寄りの点検委託サービスショップの点検診断担当員が訪問時に認定書を提示し、点検を実施します。

点検料金と点検依頼方法について

点検結果で必要な部品の保有期間
点検サポート拠点

点検の注意事項

お問い合わせ先

ノーリツコンタクトセンター
0120-911-026
通話料無料
※ 携帯電話からは0570-064-910
(通話料がかかります)
平日:09:00~17:30 土日祝日、夏期休暇、年末年始は休業とさせていただきます。

音声ガイダンスに従って「2」の「有償点検・所有者情報に関するお問い合わせ」を押してください。
電話のおかけ間違いにご注意ください。

PAGE TOP