製品に関する大切なお知らせ 製品に関する大切なお知らせ

ノーリツ製品におけるアスベスト(石綿)の使用状況について

平素は当社製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

当社のアスベスト(石綿)含有部品の使用および対応についてお知らせいたします。

■1.アスベスト(石綿)使用の現状について

現在、当社ではアスベスト(石綿)を使用している製品および部品はございません。

■2.過去のアスベスト(石綿)の使用状況について

使用禁止のアスベスト(青石綿、茶石綿など)は使用しておりません。
使用禁止をされていなかったアスベスト(白石綿)については、一部の製品に使用しておりました。
現時点で把握できています情報を下記の通りお知らせいたします。

初回掲載2005年9月15日
2005年10月7日更新
2013年9月13日更新

各製品種類をクリックすると各製品種類ごとのアスベスト(石綿)の使用状況の一覧表(PDF)がご覧いただけます。

製品種類 製品(部品)名 含有石綿種類 石綿含有率 出荷期間
ガス給湯器 パッキン 白石綿
(クリソタイル)
70%~90% ~2001年6月
石油給湯機

(2009年1月30日一部改訂しました。)

パッキン 白石綿
(クリソタイル)
80%~90% ~2001年1月
温水ボイラー パッキン 白石綿
(クリソタイル)
80%~90% ~2005年9月
太陽熱利用システム パッキン 白石綿
(クリソタイル)
80%~90% ~1990年3月
システムバス 壁パネル 白石綿
(クリソタイル)
5%~22% 1988年11月
~2001年5月
システムキッチン 不燃アッパー
側板(※2)
白石綿
(クリソタイル)
5%以下 1990年
~1992年
ホームサウナ 内装下地材
内装仕上材
ストーブガード
白石綿
(クリソタイル)
5%~15% 1985年
~1999年
太陽光発電システム ■アスベスト含有の材料は使用しておりません。
洗面化粧台 ■アスベスト含有の材料は使用しておりません。
水栓(※1) ■1990年以降はアスベストを使用しておりません。

※1 水栓はシステムバス、システムキッチン、洗面化粧台などに部品として使用
※2 レンジフード横のキャビネットの底面、レンジフードに面する側面

■3.アスベスト(石綿)が含まれる製品の人体への影響について

ガス給湯器、石油給湯機、温水ボイラー、太陽熱利用システム(石油熱源一体型貯湯ユニットにて使用)
排気通路などに使用されているパッキンは、プラスチック、ゴム、セメントなどで固めるなどして、金属と金属の間に挟んで使用するため飛散することはなく、お客さまがアスベストを吸い込むことはないと考えます。

システムバス、システムキッチン、ホームサウナ

壁パネルのベース材などにアスベストが含まれておりますが、塗料、プラスチック、ゴム、セメントなどで固めているため、切断・穴あけなどの加工をしないかぎり飛散することはなく、お客さまがアスベストを吸い込むことはないと考えます。

■4.解体時のアスベスト飛散防止について

システムバス、システムキッチン、ホームサウナ

▼お客さまは...
新築・リフォームなどで解体する時は、解体業者が産業廃棄物処理のルールに従って廃棄しますので解体業者に確認してください。

▼業者様は...
解体時の切断や破砕作業では粉塵が発生します。このため、除去作業においては保護衣や呼吸用保護具の着用など、作業レベル(注1)に応じた適切な対応が必要となります。

社団法人住宅生産団体連合会(注2)発行の『低層住宅石綿取扱ガイド』などを参照いただきますようお願いいたします。

注1:当社のアスベスト含有製品は、レベル3の作業に該当します。

レベル1〔石綿含有吹付け材の除去作業〕
レベル2〔石綿を含有する保温材、断熱材、耐火被膜材などの除去作業〕
レベル3〔レベル1、レベル2以外の石綿含有建材(成形板など)の除去作業〕

注2:http://www.judanren.or.jp/

ガス給湯器、石油給湯機、温水ボイラー、太陽熱利用システム(石油熱源一体型貯湯ユニットにて使用)

▼お客さまは...
お客さま自身で廃棄される場合は、その地域のルールに従って廃棄してください。

■5.建物におけるアスベスト(石綿)の使用状況について

  • 調査の結果、当社建物には吹付けアスベスト(石綿)は使用されておりません。また、使用している建材中にはアスベストが含有されていると考えられますが、これらは成型されていることや露出されていないところから、通常の設置状況、使用方法では飛散することはありません。
  • 建物の解体作業時には、法令などに基づき飛散防止などの適切な処理を実施します。

■6.アスベスト(石綿)による疾病の発生状況について

  • 元従業員1名が労災認定されました。

(参考) ● 一般社団法人JATI協会 http://www.jati.or.jp/

● 建設業労働災害防止協会「建築物の解体・改修工事における石綿障害の予防」
http://www.kensaibou.or.jp/

■7.お問い合わせ先

本件に関するお問い合わせは、下記へお願いいたします。

お問い合わせ窓口

お問い合わせ内容 電話でのお問い合わせ先 受付時間
商品に関する
お問い合わせ
通話料金無料:0120-911-026
携帯電話からは:0570-064-910
(通話料がかかります)
平日:9:00~18:00
土曜・日曜・祝日:9:00~17:00
メール窓口

※【ナビダイヤル:音声ガイダンスでおつなぎします。】

お客さまで番号非通知設定をご利用の場合はおつなぎできませんのでダイヤルの前に「186」を加えるなど、お電話番号を通知しておかけください。以下の音声ガイダンスにしたがって商品に関するお問い合わせ・その他の「3」を押してください。

※この通話は内容確認と正確な応対の為、録音させていただく場合がございます。
※IP電話をご利用の場合、つながらない場合がございます。その場合は、携帯電話など、別の電話機をご利用ください。

※メールでのお問い合わせに関しましてもお電話にて、順次ご回答させていただきます。

当社でお預かりしているお客さまの個人情報の開示、訂正、利用停止のお申し込み方法はこちらをご確認ください。

個人情報についてのお問い合わせ先
〒650-0033 神戸市中央区江戸町93 栄光ビル 株式会社 ノーリツ 法務室 個人情報担当
電話番号:078-391-3361 受付時間:平日9:00~17:00

PAGE TOP