ビルトインコンロ 購入を検討されているお客さまへ

ビルトインコンロの取り替えについて

このページでは、ビルトインコンロのお取り替えについてご説明します。
購入を検討されているお客さまが主に感じている不安や疑問について3点ご説明します。

  1. ビルトインコンロって簡単に取り替えられるの?
  2. ビルトインコンロってどうやって選べばいいの?
  3. ビルトインコンロってどこから買えばいいの?

1.ビルトインコンロって簡単に取り替えられるの?

家庭用のガスコンロは、キッチンに組み込まれているタイプ(ビルトインコンロ)と流し台に置くタイプ(テーブルコンロ)の2種類あります。
まずご使用のコンロがどちらのタイプかをご確認ください。

「ビルトインコンロ」

システムキッチンに組み込まれているタイプです。

「テーブルコンロ」

流し台に置いて使用するタイプです。

テーブルコンロは流し台に置いてガスを接続するだけなので簡単に取り替えができます。
ビルトインコンロはシステムキッチンに組み込まれていて取り替えができないように思われますが、専門業者へ依頼すれば簡単にお取り替えが可能です。
ここでは、ビルトインコンロのお取り替えについてご説明します。

※ ビルトインコンロの取り替えは必ず業者さんへ依頼をしてください。

ポイント 1国内メーカーのビルトインコンロの幅は約60cmで統一

システムキッチンに組み込まれているビルトインコンロは、国内メーカーならビルトインコンロの本体幅が約60cmに統一されているため、特殊な設置をしていなければ取り替えが可能です。
また、トッププレート(天板)の幅は75cm、60cmの2種類からお選びいただけます。

ポイント 2サイズが違っても取り替え可能

もし、今お使いの機器が標準寸法とサイズが違っても、専用の部材を使用したり、キッチンに少し手を加えることでほとんどがお取り替え可能です。

※ 一部取り替えが難しい特殊なコンロがございます。

ポイント 3コンロの下にガスオーブンが付いている場合は同じメーカーで

ビルトインコンロの下にガスオーブンが設置されている場合は、ガスオーブンと同じメーカーのビルトインコンロを選ぶ必要がありますのでご注意ください。現在ご使用のビルトインコンロ、ガスオーブンと同じメーカーのものでご検討ください。

※ ガス会社のOEM品については一部例外があるので、詳しくはガス会社へお問い合わせください。

また、ガスオーブンが設置されている場合でもガスオーブンとセットで交換する場合は、ビルトインコンロもお好きなメーカーのもの(オーブンも同メーカー)をお選びいただけます。
ガスオーブンをご使用されない場合は、ガスオーブンを外して収納庫にすることもできます。

ポイント 4取り替え工事は約1~2時間で完了

工事はガスの接続なども含め、約1~2時間でスピーディーに完了。
簡単に取り替えられて、取り替えたその日から新しいコンロをお使いいただけます。

※ ご使用状況や取り替えの内容によって異なりますので目安としてお考え下さい。

コンロ取り替え工事の流れ

一般的な工事の流れをご紹介します。

(1)取り替え前のコンロ。
(コンロの天板を外した状態)

(2)コンロを外します。

(3)コンロを外した状態。
この穴に入るサイズなら取り替え可能です。

(4)古いコンロを外した穴に新しいコンロを組み込み天板を設置します。

(5)取り替え工事完了!

最後に・・・

(1)お客さまへ使用方法の説明をします。

(2)古いコンロは持ち帰り廃棄処分します。

2.ビルトインコンロってどうやって選べばいいの?

ビルトインコンロを選ぶ際のポイントについて、3つの部位に分けてご紹介します。

ポイント 1トッププレート(天板)の種類

トッププレートについては、幅の広さや素材、色で選択します。

①トッププレートの幅

3口のビルトインコンロの場合、トッププレート幅は75cm、60cmの2種類から選択できます。
75cmのタイプはバーナー間に余裕があるため、大きい調理器具を使用したり同時調理をする方におすすめです。

※2口タイプは75cmのトッププレートを選択することができません。最大が60cm幅となります。
※75cmタイプのトッププレートを選ぶ際は、75cmの幅をしっかり確保できることをご確認ください。

②トッププレートの素材や色

トッププレートに使われている素材は、「ガラス」「アルミ」「ホーロー」「ステンレス」がメインです。
現在の主流は汚れを落しやすい「ガラス」ですが、温度上昇を防ぐことで汚れのこびり付きを軽減するアルミタイプやホーロー、ステンレス素材のものがあります。それぞれの特長(清掃性)やデザイン、色を見てお選びください。

ポイント 2バーナーの口数

一般的にビルトインコンロのバーナーは「3口」か「2口」から選択いただけます。
同時調理をされたり、炊飯鍋でお米を炊く方、汁物を弱火で保温しておきたい方には3口をおすすめします。
同時調理をする機会が少なく、なるべくスッキリしたコンロを好まれる方には2口をおすすめします。

3口

2口

※ 2口の場合、トッププレートの幅は60cmになります

ポイント 3グリルの種類

グリルについては「グリルなし」のタイプもございますが、一般的にビルトインコンロはグリル付が主流となっています。
「魚焼き」という印象の強いグリルですが、現在のグリルは「焼く」「あたためる」「パンを焼く」といった機能が付いている機種が多く、それ以外にも「蒸す」「煮る」「ノンフライ」など多彩な調理ができるグリルもお選びいただけます。
グリルは「広さ」「調理性能」「清掃性」が選ぶポイントになります。

①グリルの広さ

ビルトインコンロ本体の幅が同じ60cmの標準規格のものでも、機種によってグリルの幅や奥行きが異なります。
一度に焼く魚やお肉の量、グリルを使って調理したいメニューなどを想定してご自身の調理スタイルに合ったサイズのグリルをお選びください。
また、グリルを引き出す際の軽さや丈夫さも選択ポイントになります。

グリルのサイズ

機種によってグリルの幅や引き出せる奥行きの寸法が違います。お選びいただく際にご確認ください。

②グリルの調理性能

ノーリツでは「マルチグリルタイプ」と「焼網タイプ」の2種類のビルトインコンロをご用意しています。
マルチグリルタイプは、3つの専用容器で多彩な調理をすることができるグリルです。
焼網タイプは従来通り焼網で食材を焼くタイプのグリルです。
昔のように水を入れて使用するタイプのものはなく、無水両面焼きが主流です。
グリルで使える調理機能は異なりますので、グリル機能をご確認の上お選びください。

③グリルの清掃性

魚を焼くと魚が網にこびり付いて掃除が面倒なのでグリルはほとんど使っていないという声をよく耳にします。 グリルはお手入れのしやすさもご確認の上お選びください。

3.ビルトインコンロってどこから買えばいいの?

ビルトインコンロのお取り替えには必ず工事が発生します。
ガス会社、リフォーム店、工務店のほか、最近では家電量販店でも取り替え工事が可能です。
普段からお付き合いのあるお店や、口コミなどを参考に信頼できるお店を選んでください。

購入後のサポート

コンロの消耗部品や別売品、料理が楽しくなるキッチングッズを直接購入できるECサイトや、料理を楽しめるレシピ紹介サイトなど、ノーリツのコンロをご使用いただくお客さまの暮しをサポートするコンテンツをご用意しています。

ノーリツのおすすめ機種

プログレ

“省手間”“時短”と、“こだわりの料理”を両立できる多彩な調理機能と優れたお手入れ性。
希望小売価格 ¥325,600(税抜 ¥296,000)~

プラスドゥ

希少タイプのロングセラー。
高火力&鋳物製ごとくの本格派コンロ。
希望小売価格 ¥302,500(税抜 ¥275,000)

ピアット

高級感を外せない方に3つのタイプをご用意。
料理スタイルでピッタリな選択を。
希望小売価格 ¥258,500(税抜 ¥235,000)~

暮し、おいし

毎日グリル部

ミートボールのトマトクリームシチュー

ビルトインコンロ(マルチグリル)

旨辛!トマト鍋

ビルトインコンロ(マルチグリル)

豚しゃぶ肉の野菜巻き

ビルトインコンロ(マルチグリル)

フルーツいっぱいロールケーキ

ビルトインコンロ(マルチグリル)

イベント・キャンペーン

PAGE TOP