地震の場合

ガス給湯機器は震度5相当以上の揺れを感知すると安全のためガスメーター(マイコンメーター)が作動しガスを遮断します。
石油給湯機器はある一定の揺れをを感知すると安全装置が作動し、運転を停止します。

安全上の重要注意事項

まずは安全確保を最優先に行動してください。

揺れが収まってから、あわてず下記を行ってください。

1_各水栓(蛇口)を閉める。

各水栓(蛇口)を閉める。

2_ガスコンロのガス栓を閉める。

ガスコンロのガス栓を閉める。

給湯機器のリモコン(または本体操作部)の運転スイッチを「切」にする。

給湯機器のリモコン(または本体操作部)の運転スイッチを「切」にする。

万が一、ガス漏れに気づいた場合は...

すぐに、窓や戸を開け、屋外に避難し、ご契約のガス事業者さまへご連絡ください。
その際、以下にお気をつけください。

  • 絶対に火をつけない
  • 照明・換気扇などの電気器具のスイッチを「入」「切」しない
  • コンセントに電源プラグを抜き差ししない

火気厳禁

換気扇

照明

スイッチ

スイッチ

ろうそく

地震が収まってからご使用まで

ご使⽤の前に給湯機器のリモコンで下記の故障(エラー)表示が出ていないかご確認ください。

浴室リモコンの表示例

台所リモコンの表示例

ガス給湯機器の場合

震度5相当以上の地震が発⽣した際には、安全のためガスメーター(マイコンメーター)がガスを遮断することがあります。その場合、以下の故障(エラー)表⽰が出ます。

ガスメーター(マイコンメーター)によるガス遮断時に出る故障(エラー)表示例

11

/

12

/

110

/

111

/

112

/

113

/

120

/

123

/

E06

上記エラーが表示された場合は、ご契約のガス供給事業者のガスメーター(マイコンメーター)の状況をご確認の上、復帰の操作を行ってください。
ご不明な場合はガス供給事業者へご確認ください。

ガス臭いと感じる場合:復帰操作は行わず、ガスの元栓を閉じて窓や扉を開放し、ガス供給事業者にご連絡ください。

石油給湯機器の場合

ある一定の揺れをを感知すると安全装置が作動し、運転を停止します。

安全装置作動時に出る故障(エラー)表示例

10

/

100

/

103

安全装置解除方法:運転スイッチを一度「切」にし、再度「入」にしてください。故障(エラー)表⽰が消えれば使用できます。

※故障(エラー表⽰)が消えない場合には故障の可能性があります。その際は販売店さままたは弊社修理・アフターサービスへ修理をご依頼ください。

注意事項

安全装置解除前は下記を確認ください。問題がなければ、上記のとおり安全装置を解除してください。

①機器の損傷、油漏れ、水漏れがないか。

②機器の設置場所周辺の可燃物がないか。(可燃物がある場合は、取り除いてください。)

元栓位置の確認

地震発生時にあわてることがないよう、あらかじめご使用機種の取扱説明書をご覧いただき、各元栓の場所を確認しておいてください。

  • ガスコンロの場合:ガス栓
  • ガス給湯機器の場合:給⽔元栓、ガス栓
  • 石油給湯機器の場合:給⽔元栓、送油バルブ

ガス給湯機器の場合

屋外設置壁掛形と屋外設置壁掛形

石油給湯機器の場合

石油給湯機器

よくあるご質問(地震関連)

その他 緊急時・災害時

地震発生時は停電・断水も同時に発生する可能性があります。あわせてご確認ください。

お問い合わせ窓口

ノーリツコンタクトセンター
0120-911-026
通話料金無料
※ 携帯電話からは0570-064-910
(通話料がかかります)

現在の受付状況・時間など詳細はこちらをご覧ください。

お問い合わせ窓口一覧

PAGE TOP