寒波・凍結・積雪の場合

安全上の重要注意事項

①寒波の予報がでたら

おふろの給湯栓からごく少量のお水を出しっぱなしにしておいてください。
追いだき付ふろがまの場合は浴槽に残り湯を残したままにしておいてください。

②給湯機器の電源プラグは抜かない

給湯機器は外気温がある程度下がると凍結予防の安全装置が自動的に作動し、機器本体の凍結を予防します。(水抜きした場合は除く)

③凍結してしまったら

外気温が上がり自然に解凍するまでお待ちください。
給湯機器や配管を温めるために熱湯をかけるのはお止めください。機器や配管が破裂する恐れがあります。

④雪が降り積もったら

給湯機器の給気・排気口や排気筒に積もった雪を取り除いてください。
不完全燃焼や異常着火が発生し、事故や故障の原因となります。

※給湯機器を使用中や使用後しばらくは排気口付近、排気カバー付近が高温になっていますので注意してください。

注意事項

● 凍結により機器が破損した際の修理は、保証期間内でも有料修理になります。

凍結時の症状・対処方法

1 給水配管の凍結

【CASE. 1】お湯側の給湯栓から何も出ない

お湯側(左)いっぱいに回す

お湯側の給湯栓をいっぱいまで開いても何も出てこない。
または、ポタポタとしか出てこない。

【CASE. 2】リモコンにエラー表示562

凍結したことで、各配管に水がこない

給水配管凍結時に出るエラー表示

562

給水配管が凍結した事で給湯機器にお水がこない場合、ガス・石油給湯機器ともに、上記のエラー表示が出ます。これは凍結により水が流れないため断水となっている状況が考えられます。

対処方法

自然解凍をお待ちいただく場合

  • ●気温の上昇をお待ちください。給水配管が自然解凍し、お湯が出るようになります。

すぐにお湯を使いたい場合(応急処置)

  • ● 運転スイッチを「切」にして、台所などの給湯栓を少し開けておく。
  • ● ガス栓を閉める(石油給湯機器の場合はオイルタンクの送油バルブを閉める)。
  • ● 給湯機器本体の給水元栓を回してみる(閉めてみる)。

給水元栓が凍結して回らない

①タオルを給水元栓のまわりに巻く。
②人肌程度(30〜40℃)のぬるま湯を、元栓に巻いたタオルにゆっくりかける。
③元栓が回る(水が流れる音がする)ようになったら、家の中の給湯栓を閉める。
④タオルを外し、給水元栓のまわりについた水を乾いた布で拭き取る。

給水元栓が回るのに水が出ない

配管に保温材が巻かれておらず、露出している部分など給水元栓以外の箇所が凍結している可能性があります。
露出している部分を温めるか、自然解凍をお待ちください。

注意事項

● 熱湯をかけると配管が破損するおそれがあります。

● 機器の電気コード・プラグ、コンセントにお湯がかからないように注意してください。

● ガス栓と間違えないように注意してください。

● 保温材や配管に水がついて残ると、それが原因で再び凍結する恐れがあります。

2 ドレン配管の凍結

リモコンにエラー表示290

ドレン配管凍結時に出るエラー表示

290

エコジョーズ/エコフィールなど高効率給湯器は、燃焼の際にドレンといわれる水が発生しドレン配管から排出します。
ドレン配管が凍結すると、ドレンが排出されず内部に溜まってしまいセンサーが反応し290のエラー表示が出て、給湯器は燃焼を停止します。

凍結により、ドレン配管が詰まってしまった場合には、気温が上がり、配管が暖められ、解凍したドレン水が配管から排出されれば、290が消えて復旧します。日中、一番気温が高い時間に再度お試し下さい。

3 追いだき配管の凍結

リモコンにエラー表示 632 / 032

追いだき配管凍結時に出るエラー表示

632/032

追いだき配管の一部が凍結したことで、お湯張り又は追いだきができない場合は、ガス・石油給湯機器ともに上記のエラー表示が出ます。日中、一番気温が高い時間に再度お試しいただきながら、自然解凍によって復旧するのをお待ちください。
その間、蛇口やシャワーからのお湯はご使用できます。

主な配管と元栓の位置

あらかじめ使用機種の取扱説明書をご覧頂き、主な配管と元栓の位置を確認しておいてください。
※イラストは施工例です。配管の形状などは実際と異なります。

ガス給湯機器の場合

屋外設置壁掛形と屋外設置壁掛形

石油給湯機器の場合

石油給湯機器

雪が降り積もったあと

積雪により給湯機器の排気口が閉塞された状態で機器を使用すると、不完全燃焼や異常着火が発生し事故や故障の原因となります。
降雪時は給湯機器に雪が積もっていないことを確認のうえ、使用してください。

雪が止んでも自宅や隣家の屋根に降り積もった雪の落下により、機器の給排気口が閉塞するケースも発生しています。
※雪解けするまで注意してください。

注意事項

● 降雪や屋根などからの落雪により機器が破損したときの修理は、保証期間内でも有償修理になります。

冷え込みが厳しいことが予想されるとき

給湯機器は気温が下がると安全装置が自動的に作動し機器の凍結を防止しますが、接続されている配管までは凍結を防止できません。
配管の凍結予防のため以下の処置をしてください。

1. おふろの給湯栓から水を出し続ける

OFF

①リモコンの運転スイッチを「切」にします。

OFF

②おふろの給湯栓を開き、少量の水を流したままにしておきます。
お湯を出す給湯栓であれば、おふろ以外の台所、洗面所でも大丈夫です。いずれか1ヵ所をあけてください。

2. 浴槽に残り湯を残したままにしておく(追いだき付ふろがまの場合)

OFF

①浴槽の循環アダプター上部より5cm以上、残り湯(お水)がある状態にしておきます。
ポンプが自動的に浴槽の水を循環させて凍結を予防します。
※凍結予防運転時は燃焼しません。
※浴槽に水がないとポンプが空運転し機器から大きな音が発生する場合があります。

配管の保温

OFF

配管の凍結を予防するために給湯機器の配管には保温材を巻くなど地域に応じた配管保護の処置をお勧めします。
また、長年のご使用で保温材が傷んでいる場合も交換をお勧めします。
日中も氷点下が続く地域の場合は電気ヒーターの取り付けもご検討ください。

保温材・電気ヒーターの取り付けは販売店・工事店さまへご依頼ください。

よくあるご質問(寒波・凍結・積雪の場合)

その他 緊急時・災害時

寒波発生時は、配管が凍結すると断水のような現象になる可能性があります。あわせてご確認ください。

PAGE TOP