エコジョーズについて

エコジョーズ化宣言2013 2013年、ガス給湯器はエコジョーズへ。

社団法人日本ガス石油機器工業会と日本ガス体エネルギー普及促進協議会は、低炭素社会の実現に向けた取り組みとして、2013年3月までに、ガス機器メーカーが生産する全てのガス給湯器を潜熱回収型ガス給湯器「エコジョーズ」に切り替えることを決定し、「エコジョーズ化宣言2013」を表明しました。

これまでよりガス代もCO2も減らせます。

ノーリツのエコジョーズ給湯器は、ガスの使用量を減らせ、排出するCO2も少なくできます。リモコンでガスや水の節約の様子を確認することだってできます。お湯のある便利で気持ちいい暮しはそのままに、環境への影響はできるだけ少なく。エコジョーズに替えるだけで、ガマンしないエコな生活が始まります。

年間ランニングコスト(※1)の比較

年間ランニングコストの比較

年間CO2削減量287kg-CO2(※1)は、
杉の木20本が一年に吸収する
CO2と同じ量です。※LPガスの場合

エコジョーズは毎日使うだけで、従来に比べてCO2を約16%削減します。

1年間で287kg-CO2削減!

給湯器も省電力なんです。

待機時消費電力 0.9W

待機時消費電力はわずか1.2W(※2)、消費電力30W(※3)と小さくなっています。

こだわったモノづくり。

丈夫だからエコ

ノーリツの給湯器は本体の内側までしっかり塗装を施しています。サビにも強く長持ちします。小さなことのようですが、「良いものをできるだけ長く使うこと」もエコに貢献します。
ノーリツのモノづくりの考え方が表れています。

もったいないを再利用
給湯も追いだきも省エネです。

これまで捨てていた排熱を使ってお湯をつくります。
ノーリツの給湯器は「給湯」も「追いだき」も高効率。ガスのエネルギーのほとんどをお湯に変える高い技術です。

熱効率 給湯約95%、ふろ約92%を実現。
エコジョーズを使う人は
エコに気配りができる人。
  • ※1ランニングコスト、CO2排出量の計算式については下記計算をご参照ください。
  • ※2GT-C2462PAWX BL/※3 GQ-C1634WS BL

ランニングコストの計算について

(お客さまの給湯・ふろの使用量、燃料単価、施工条件などにより料金は変化するため、実使用とは異なります。)

  • 試算データの燃料単価は、LPガス:4.9円 ⁄ MJでの算出です。(LPガス料金はいずれも全国平均)
  • ランニングコストは消費税相当額加算前の金額で算出されています。

給湯1年当りのガス料金の算出方法

給湯使用条件(4人家族想定、入水温度は通年で15℃)

ふろお湯はり:200L×(42℃-15℃)
シャワー:12L ⁄ 分×5分 ⁄ 人×4人=240L×(40℃-15℃)
洗面:6L ⁄ 分×2分 ⁄ 人×4人=48L×(40℃-15℃)
台所:8L ⁄ 分×3分 ⁄ 回×3回=72L×(37℃-15℃)
給湯熱量:14,184kcal ⁄ 日×365日 ⁄ 年=5.18Gcal ⁄ 年

追いだき使用条件

保温運転にて約4時間 ⁄ 日(2,670kcal ⁄ 日)
追いだき日数:300日 ⁄ 年
ふろ熱量2,670kcal ⁄ 日×300日 ⁄ 年0.80Gcal ⁄ 年

1年当りのガス料金

LPガス
高効率 約130,000円
従来品 約153,700円

出典元:LPガス…石油情報センター(平成21年度10月公表データより算出)

PAGE TOP