環境経営

環境理念・環境基本方針

私たちは「きれいな地球を次の世代へ」をスローガンに、環境管理システムを構築し、環境負荷低減をはじめとした具体的な計画をもとに、ノーリツグループ全体で環境保全活動に積極的に取り組んでいます。

環境理念

私たちは、良き企業市民として循環型社会の実現を目指し、あらゆる事業活動において環境保全に積極的に取り組みます。

スローガン

きれいな地球を次の世代へ

環境基本方針
  1. 環境管理システムの構築
    • 環境管理システムを構築し、継続的改善を図ることで社会責任を果たします。
  2. 製品および事業活動において環境負荷低減
    • 製品および事業活動において、環境へ配慮し、地球温暖化の防止、省資源、有害物質・廃棄物削減・生物多様性の保全など、環境負荷の低減をおこない、循環型社会の実現に貢献します。
  3. 環境リスクの低減
    • 環境関連法規類の遵守はもとより、企業として社会的責任を自覚した自主基準を設け、環境リスクの低減、汚染の予防に努めます。
  4. 環境コミュニケーションを通した環境保全活動の推進
    • 環境教育を通じて一人ひとりの環境意識の向上を図り、地球環境問題の深刻化を認識するとともに良き企業市民として社会・地球における環境保全活動を実施していきます。

ページのTOPへ

年間CO2排出量

ノーリツグループは、ライフサイクルを通して約1,914万tonのCO2を排出しています。これは日本全体のCO2排出量約13.21億ton※1 に対して約1.4%を占めていることになります。

図

※1 出典:国立環境研究所 温室効果ガスインベントリ日本の温室効果ガス排出量データ2015年速報値

※2 当社ガス・石油機器の国内シェアは約40%であり、約2,000万世帯のお客さまに当社給湯器をお使いいただいております。販売した製品の使用時におけるCO2排出量算出については、2000年の年間CO2排出量(ガス機器1.0ton、石油機器1.3ton)を基準として、品群毎にCO2削減率を乗じ、使用期間10年で算出しています。

ページのTOPへ

重点課題

■ 「エコ・ファーストの約束」を策定

ノーリツグループは、「企業の成長」と「環境推進」の両立を目指した「エコ・ファーストの約束」を策定しています。

エコ・ファーストの約束

ページのTOPへ

ページのTOPへ

環境会計(ノーリツ独自)

■ 説明

ノーリツでは、「エコ・ファーストの約束」に関連する項目を、経済的側面からも測定しています。「製品を通じて低炭素社会の構築」ではお客さまの使用時における経済削減効果、「事業活動を通じて低炭素社会の構築」では各エネルギー使用の経済削減効果、「事業活動を通じた資源循環型社会の構築」では廃棄物処理費用の経済削減効果を測定しています。これらの効果を測定することにより、お客さまのより豊かな暮しやノーリツグループの経営基盤の強化へとつなげていく考えです。

■ 環境会計 経済効果
製品の環境配慮による経済効果は約79億円

2016年販売の高効率温水機器(潜熱回収型など)、創エネルギー機器(太陽熱利用機器、太陽光発電システムなど)の環境配慮商品を使用することで、お客さまが得られた経済効果(節約額)は、約79億円になりました(対2000年)。お客さまの使用をモデル化した推定による算出結果です。

※計算根拠(2016年11月時点データ)

2000年と2016年の各製品群を代表する機種の平均熱効率を基にその差による1年間の燃料代の節約額と販売台数から算出

ガス料金:東京ガス株式会社 一般契約料金B表
       基本料金:¥1,036.80/月、基準単位料金:¥128.08/m3
電気料金:東京電力エナジーパートナー株式会社 従量電灯B ブレーカー容量50A
       基本料金:¥1,404/月、基準単位料金:¥26/kWh
灯油料金:資源エネルギー庁
       全国平均配達価格 :¥74.3/L(2016年11月7日)

※発熱量

都市ガス:12.5kWh/m3
灯油   :10.19kWh/L

■ CO2削減(エネルギー削減)

事業活動を通じたCO2削減(エネルギー削減)においては、CO2削減量の目標値だけでなく、エネルギー削減によるエネルギーコストについても指標を設けて経済的効果についても測定し、把握しています。
2016年は、エネルギー使用量は増加しましたが、エネルギーコストは石油価格下落による単価ダウンにより減少しました。エネルギーコストの経営への影響は大きく、エネルギーコストの削減=利益の創出という観点で取り組んでいきます。

エネルギー使用量推移

グラフ

使用エネルギー比率(2016年度)

グラフ

原油換算:各種エネルギーを共通の単位を用いて比較するため、原油量に換算すること。
原油換算値(kL)=使用量[○]×各エネルギーの単位発熱量[GJ/○]×0.0258(原油換算係数[kL/GJ])

エネルギーコスト推移

グラフ

エネルギー別コスト比率(2016年度)

グラフ

■ 廃棄物削減

国内の生産活動に伴い発生する廃棄物の排出量について、ノーリツグループでは「エコ・ファーストの約束4」で、「事業所外に排出する量を2016年までに60%以上削減すること」を目指すと宣言しています。この宣言に基づいて日々努力を重ねています。
廃棄物の排出量を減らし、資源循環型社会への貢献を進めていく中で、処理費用の削減という効果も出てきます。2016年は事業再編や発生工程の見直しなどにより、前年より廃棄物排出量を291ton削減、廃棄物処理費用は約600万円削減しました。2017年も発生工程や廃棄物の個別分析をおこない、削減を進めていきます。

ページのTOPへ

環境経営推進体制

ノーリツグループにおける環境保全活動の重要実施計画は、社長が主催する「CSR委員会」で審議・決定されます。ここで決定された「エコ・ファーストの約束」は、各執行部門の課題に落とし込まれ、活動の結果がフィードバックされる仕組みになっています。また、執行部門をまたがる個々の重要な課題に対しては、総務部 環境推進グループが中心となって、グループ会社も入り、環境会議やワーキンググループを設けてPDCAサイクルを回しています。

環境会議
環境会議

 

図

ページのTOPへ

環境管理システム(EMS)の構築

ノーリツは、グループ全体の環境管理システム(EMS)を構築し、PDCAを繰り返し回すことで環境先進企業としての体質強化を図っています。

■ ノーリツグループの環境管理システムの認証取得状況(2015年3月末時点)
ISO14001 (ノーリツ)
生産事業所 NAM事業所 1997年 3月
加古川事業所 1999年 6月
明石事業所 2000年 3月
事務系 ノーリツ本社 2015年 3月
西新町事業所 2004年 4月
ISO14001 (グループ会社)
生産事業所
(国内)
信和工業(株) 2000年 3月
第一電子産業(株) 2000年 3月
(株)アールビー神立工場 2001年 2月
(株)アールビーつくば事業所 1999年 6月
(株)ハーマン 1999年 11月
(株)多田スミス 2002年 1月
関東産業(株)前橋事業所 2004年 11月
大成工業(株)本社工場 2004年 2月
大成工業(株)播磨第二工場 1999年 11月
大成工業(株)播磨第三工場 2006年 12月
大成工業(株)稲美工場 2004年 2月
(株)エスコアハーツ 2010年 10月
生産事業所
(海外)
能率(中国)投資有限公司 2010年 3月
能率(上海)住宅設備有限公司 2010年 3月
東莞大新能率電子有限公司 2007年 3月
櫻花衛厨(中国)股份有限公司 2008年 6月
佛山市櫻順衛厨用品有限公司 2014年 5月
■ 内部環境監査員講習会

ノーリツグループでは、社内講師による講習会を開催し、内部環境監査員を育成しています。

現在、約500名の内部環境監査員が、環境改善に関する知識をもって内部監査にあたっています。

naibukansainkousyukai.jpg

内部環境監査員講習会        

■ 内部環境監査の実施

2016年は6月15日~7月29日の間、内部環境監査を実施しました。

不適合2件、改善事項30件を抽出し、環境改善に役立てました。

kansaintavew.jpg

内部環境監査員(現場インタビュー)   

■ マネジメントレビュー

ノーリツグループでは、目的・目標の達成状況、法遵守状況、内部環境監査結果などについて、環境経営者によるマネジメントレビューを実施し、環境管理システムの継続的改善につなげています。


manegementrvew.jpg

マネジメントレビュー          

■ 外部審査

ノーリツグループでは、定期的に外部審査登録機関による審査を受けています。

指摘された項目については、速やかに是正し、継続的な改善に取り組んでいます。


gaibusinsa.jpg

外部審査機関による審査(現地審査)    

ページのTOPへ

リスクマネジメント

■ 環境汚染防止

ノーリツグループは、環境汚染の防止については、環境関連法規制および関連基準を遵守しており、ISO14001に基づいた遵守評価も実施し、環境リスクの低減、環境汚染の予防・防止に努めています。

当社グループは主な環境汚染リスクを、以下の7項目に定義しています。

「有害物質の流出」「土壌汚染」「水質汚濁」「大気汚染」「騒音・振動」
「廃棄物の不適正処理・違法投棄・越境移動」「地球温暖化(CO2の排出)」

2014年から環境リスクの「チェックリスト」を作成し、運用を開始しています。セルフチェックの結果より、問題点を把握していきます。また、国内生産事業所の「廃棄物処理フロー」を作成し、廃棄物の流れを見える化しています。

 「地球温暖化(CO2の排出)」については、生産事業所のエネルギーの使用状況を詳細に調査し、見える化することにより、今後のCO2削減対策に活用していきます。

■ 緊急事態への準備および対応

事業活動における法遵守、環境問題の発生防止、環境リスクの最小化を図るために、作業標準に基づき、設備点検および必要なメンテナンスを実施しています。また、万が一の環境事故の発生を想定し、汚染を最小限に抑えるための事故対応手順を定め、緊急事態対応訓練を定期的に実施しています。

kunren.jpg

緊急時に備えて設備点検と実地訓練   

■ 有機溶剤の管理

2015年および2016年、ノーリツグループでは、特に有機溶剤の管理状況の確認をおこないました。具体的には、労働安全衛生法における特定化学物質障害予防規則および有機溶剤中毒予防規則に基づく、現場での保管状況・排気・作業環境測定・教育・健康診断の実施などについて調査し、適切な管理が実施されていることを確認しました。さらにサプライヤーについても同様の調査を実施しています。

Copyright © 2017 NORITZ Corporation. All Rights Reserved.
ご不明な点などございましたら  
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ窓口一覧はこちら