エコ・ファーストの取り組み

エコ・ファーストの約束

ガス石油機器業界で初めて環境大臣より「エコ・ファースト企業」の認証を受けました。

「新エコ・ファーストの約束」を公開しました。

■ エコ・ファースト制度

エコ・ファースト制度とは、業界トップランナー企業の環境保全をさらに促進していくため、企業が環境大臣に対し自ら環境保全に関する取り組みを約束する制度であり、2008年4月に創設されました。

ノーリツグループは、2009年3月9日にガス石油機器業界で初めて「エコ・ファースト企業」に認定され、様々な環境への取り組みについて社会との約束をおこないました。

■ エコ・ファースト推進協議会

エコ・ファースト推進協議会とは、エコ・ファースト企業の認定を受けている40社が「エコ・ファーストの約束」の確実な実践と連携して先進性・独自性に富む環境保全活動をおこなうことを目的に2009年に設立した協議会であり、ノーリツも参加しています。

エコ・ファースト推進協議会

推進協議会

ページのTOPへ

エコ・ファーストの約束:進捗状況

■ 約束1:製品を通じて低炭素社会の構築

高効率温水機器(潜熱回収型、ハイブリッド給湯・暖房システムなど)と創エネルギー機器(太陽熱利用システムなど)の開発と普及に積極的に取り組み、お客さまが使用時に排出するCO2を2020年までに300万トン削減貢献することを目指します。(2000年比、製品寿命を10年と想定)

高効率温水機器(潜熱回収型、ハイブリッド給湯・暖房システムなど)と創エネルギー機器(太陽熱利用システムなど)の開発と普及に取り組み、従来型温水機器に比べ、2020年までにお客さまが使用時に排出するCO2を300万ton以上削減することを目指します。(海外輸出品含む、2000年比、使用期間10年換算)

製品使用によるCO2削減貢献量

グラフ

(2) 環境マーケティングを強化し、「CO2の見える化」など製品ライフサイクルを見す えた適切で具体的な商品・サービスの環境情報をお客さまにわかりやすく提供して いく取り組みを積極的に推進します。

お客さまが省エネに配慮した使い方をされて、その効果を確認していただけるように、各種ナビゲーション機能や省エネ運転モードを搭載していきます。
また、お客さまにわかりやすい商品・サービスの環境情報を提供していきます。

高機能リモコン

写真

リモコン表示例太陽熱利用量、ガス削減量、CO2削減量などの「見える化」を実現

■ 約束2:事業活動を通じて低炭素社会の構築

CO2排出量削減

※日本政府は、CO2総排出量の目標を、電力CO2排出系数の低下を見込んで設定していますが、ノーリツでは、東京都地球温暖化対策報告制度に準拠し、一定に設定しています。その結果、12%以上削減することが、政府目標の26%削減に相当します

ノーリツグループは、CO2排出量について上記目標に取り組んだ結果、2017年の国内生産事業所におけるCO2総排出量は、20,484ton(2013年比92.5%)となりました。

2017年は、省エネ設備の導入もありましたが、内製拡大や、事業拡大による設備増加、生産量の増加などにより、CO2総排出量は若干増加しました。

今後も目標達成に向けて、業務改善をはじめ、照明のLED化、空調の高効率化、太陽光発電システムの導入、生産設備の省エネ化、エネルギーの見える化を重点に、CO2排出量の削減活動を推進していきます。

事業活動によるCO2排出量
グラフ
■ 約束3:製品・事業活動を通じた資源循環型社会の構築

生産活動に伴う廃棄物発生量を、2020年までに17%以上削減することを目指します。

生産活動に伴う廃棄物発生量を削減する目標に取り組んでいきます。そのためには、これまでのように廃棄物が発生した後ではなく、廃棄物が発生する工程での削減活動や、納入段階での削減活動など事業活動の上流も視野に入れた活動の実施が必要になってくると考えています。2017年は電子部品の包装材のリユースなどをおこない、発生量936tonの削減を行いました。2018年以降は生産数の増加や内製化など廃棄物発生量の増加要因もありますが、事業活動全体で削減を進めていきます。

グラフ

使用済み製品のリサイクル量を、2020年までに1,125トンにすることを目指すとともに、リサイクル事業を通じて障がい者福祉における就労支援活動を促進していきます。

2017年のリサイクル量は1,076tonでした。2017年は、新たに2箇所の障がい者福祉施設と協働できるようになり、リサイクル量が増加しました。今後も営業部門などと協力し、リサイクル量の確保と増量を進めていきます。

グラフ

■ 約束4:製品・事業活動を通じた自然共生社会の構築

生物多様性・生態系の保護のために森林カーボンオフセットサービスを利用して、森林育成の促進、間伐材利用の促進を継続して実施していきます。(社会貢献活動)

森林カーボンオフセットサービスを利用して2017年も継続してオフセットを実施しています。
2017年は485tonのクレジットを購入し、ハイブリッド給湯・暖房システムとGT-C62シリーズ(一部除く)の生産時に排出されるCO2などをオフセットしました。

森林の役割、生物多様性・生態系の保護の理解を深めるために、現場での里山体験を継続して実施していきます。

2017年は、里山体験として新入社員が、クレジットを購入している兵庫県宍粟市での現場見学や講義、明石公園での森林整備を実施しました。体験を通じて環境保全の大切さを学んでいます。

写真
写真
■ 約束5:環境マインドの向上に積極的に取り組みます。
環境マインドの向上、上記エコ・ファーストの各約束を推進するためにeco検定取得者を2020年までに60%以上にすることを目指し、グループへも拡大していきます。

ノーリツグループの環境経営は、製品と事業活動の両面で取り組んでいます。

課題は、地球温暖化防止から、有害物質削減、資源有効利用、生物多様性保全など多岐にわたっています。それらの課題に対応するには、環境全般にわたる幅広い知識が必要です。当社グループがeco検定を推進している理由は、これらの課題に体系的に対応しているためです。

2017年12月時点で社員の58.7%にあたる1,981名(営業部門は87.7%)がeco検定に合格しており、その知識を活かした活動が環境経営の土台となっています。
今後もeco検定推進企業として、取り組んでいきます。

※eco検定とは、東京商工会議所が実施している環境問題に取り組む人づくりと、”持続可能な社会づくり”を目的とした環境社会検定試験です。

グラフ

eco検定合格者状況(ノーリツ単体)

ページのTOPへ

エコ・ファースト推進協議会の活動

■ サステナブルカフェ2017 in関西の開催(大学生との対話会)

2017年12月2日、エコ・ファースト推進協議会とNPO法人エコ・リーグの共催でサステナブルカフェが開催されました。ノーリツもこの取り組みに賛同し、参加していた大学生たちと「日本の美しい環境を残すためには?」をテーマにディスカッションしました。世代を越えて活発な意見交換がなされました。

写真

サステナブルカフェ2017 in関西 参加者全員で集合写真

■ 琵琶湖での外来魚駆除・釣りボランティア活動

お湯のある豊かな暮しを大切にしているノーリツグループにとって、水問題を意識し、水辺の環境を保全することは重要と考えています。

近畿の主な水源である「琵琶湖」で起きている社会課題を正しく理解するために、関西のエコ・ファースト企業10社の従業員とその家族213名が参加し、外来魚駆除を目的とした釣りボランティア活動を実施しました。

写真

外来魚駆除・釣りボランティア活動

Copyright © 2018 NORITZ Corporation. All Rights Reserved.
ご不明な点などございましたら  
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ窓口一覧はこちら