国連グローバル・コンパクト、持続可能な開発目標(SDGs)

国連グローバル・コンパクト

■ 国連グローバル・コンパクトに署名しています

ノーリツは2012年12月、国連が提唱する「国連グローバル・コンパクト(UNGC)」が定める4分野(人権、労働、環境、腐敗防止)10原則の取り組みに賛同し署名いたしました。その10原則に則り、社会と企業がともに持続可能な成長を果たすため、企業理念や世界的な枠組みに基づいた活動を進めています。

国連グローバル・コンパクトの10原則
サーティフィケート

国連グローバル・コンパクトの署名証明書

ページのTOPへ

国連グローバル・コンパクトの推進

■ 国連グローバル・コンパクトの原則を通じた取り組み

ノーリツは、グローバルコンパクトの4分野10原則をより確実に実践するため、グループ各社の行動基準となる「ノーリツグループ行動基準」を2014年に改訂しました。以来、毎年5月、9月をコンプライアンス月間として意識を高めています。同年に「CSR調達ガイドライン」も制定し、SAQによる調査を進めています。

2016年4月には人権方針を制定し、人権教育をグループ会社へも展開しました。

グローバル・コンパクトの4分野10原則を事業活動で実践することにより、社会の継続的発展と企業の持続的成長を実現していきます。


持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)への対応

■ ノーリツグループのSDGsへの考え方

グローバル社会は近年大きく変化し続けており、貧困・格差や気候変動といった社会課題を抱えています。そうした課題解決に世界全体で取り組むために、国際連合は2015年9月、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」を採択し、「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)」を掲げました。
ノーリツグループは事業を通じてSDGsの実現に貢献するために、世界をリードする技術で、環境負荷を低減しながら、健康で快適な暮しを実現できる、新たな価値の提供をめざしています。

ノーリツのSDGsへの取り組みはこちら

図
Copyright © 2017 NORITZ Corporation. All Rights Reserved.
ご不明な点などございましたら  
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ窓口一覧はこちら