HEAT SHOCK
おふろに潜む、
ヒートショックへの対策を。
大切な人への恩返しは、
浴室から

ヒートショックとは

おもに冬の寒い時期に多発する室内死亡事故の原因のひとつです。

あたたかい部屋から、寒い脱衣所/浴室へ移動後、またあたたかい湯船に浸かったりするなど、急激な血圧の変動があることで、意識を失うことがあります。

これが入浴中に起こると溺水事故につながり、特に高齢になると、血圧を正常に保つ機能が低下するため、注意が必要です。

ヒートショックは
交通事故より多い身近な事故

入浴中の死亡者は
交通事故の約2倍

高齢者の入浴中死亡者数(令和元年)

参照:消費者庁 News Release

入浴中死亡事故は
冬に多い

高齢者の「不慮の溺死及び溺水」による発生月別死亡者数(令和元年)

参照:消費者庁 News Release

当てはまる人は要注意!

ご高齢(65歳以上)の方

または該当するご家族がいる

冬場の浴室の気温が
居住空間と比べて
低くなる

浴室に暖房設備がなく、戸建住宅や在来(タイル貼り)浴室などの浴室温度が低くなりやすい住宅

自分は大丈夫、
だと思っている方

入浴事故は持病がない方や、前兆がない場合も起こるおそれがあります

ヒートショックを防ぐポイント

血圧の急激な変動を抑える
「温度のバリアフリー」

浴室/脱衣室を暖めることは、家族の健康を守ること。浴室暖房乾燥機で居室と浴室/脱衣室の温度差をなくすことで、体への負担を軽減します。

また、「自分は元気だから大丈夫!」と過信せず、「自分にも、もしかしたら起こるかもしれない。」と意識することが大切です。本人だけでなく、家族や周囲の方が一緒に注意することが大切です。

家族の気づきの早さが入浴事故を軽減させるキーポイントになります。

気になるランニングコスト ノーリツの
温水式浴室乾燥機なら、
約5分、9円で温まる

浴室温度25[℃]の到達時間

ガス温水式浴室乾燥機

電気式浴室乾燥機

浴室の温度を快適な25℃まであたためるランニングコストは約9円。
その秘訣は、約5分で温めるガスのパワフルさ!寒い季節には毎日使用していただける安心のランニングコストです。

※実験条件:ガス温水式浴室暖房乾燥機(定格能力4.1kW、100V仕様):運転モード強、浴室1.5坪、外気5℃、電気式浴室暖房乾燥機(定格能力2.2kW、200V仕様):運転モード強、浴室1坪、外気5℃,電気単価:33.56円/kWh、ガス単価:158.73/㎡

リビングや寝室での部屋干し、
こんな経験ありませんか?

アプリ・リモコンでできる
見まもり機能

PAGE TOP