製品に関する大切なお知らせ
お問い合わせ
お問い合わせ窓口一覧

ban_hp120905_01.jpg

 

ban_hp120905_02.jpg

キッチン各部のお手入れ方法

 

各部をクリックしていただくと詳しいお手入れ方法に移動します。

システムキッチン各部ナビゲーションマップ


①シンク:お手入れ頻度/毎日
中性洗剤をスポンジにつけて洗い、きれいに流した後、ふきんでしっかり水滴を拭き取っておきましょう。白い斑点やくもりなどの水あかは、週に1回程度はクリームクレンザーで磨いてください。

気になる白い斑点(水あか)は炭酸カルシウムとケイ酸


②排水口:お手入れの頻度/週1回
シンクは使用後、網かごを中性洗剤で洗います。

週に1回程度網かごのほか、排水プレートや封水筒もまとめて洗剤で洗います。網かごや排水口の内側のぬめりはクリームクレンザーを歯ブラシにつけて磨くと、においもしっかりシャットアウトできます。

排水トラップ図解
③水栓金具:お手入れの頻度/週1回
使った後は水またはぬるま湯に浸した布をよく絞って汚れを取り、
から拭きします。

細かいところやジョイント部は、週に1度、歯ブラシなどで磨いてください。水栓やレバーハンドルの裏側など、掃除がしにくい部分は、ナイロンストッキングを切ったものをひっかけて左右に引っ張ると、楽に汚れが落ちます。

出が悪いときの対処法図解

このページの先頭へ
④ワークトップ・カウンター:お手入れの頻度/週1回
■ ステンレスワークトップ・人工大理石ワークトップ
使用後に汚れがついていたら、すぐに柔らかい布で水拭きをして、乾いた布でから拭きをしてください。落ちにくい汚れは、クリームクレンザーで磨いて落とし、から拭きで仕上げます。
■ メラミンカウンター
中性洗剤を柔らかい布かスポンジに含ませ、汚れを拭き取ります。
⑤キャビネット:お手入れの頻度/月1回
扉や取っ手は使用後に、カウンターを拭くついでに、固く絞った布でさっと水拭きし、から拭きをしましょう。
月に1回程度は、中性洗剤をつけた柔らかい布でしっかり拭き上げましょう。
⑥レンジフード:お手入れの頻度/月1回
■フィルター
フィルターやシロッコファンなど取り外せるものを全部外してお手入れをします。ぬるま湯をかけて汚れを浮かせてから、中性洗剤を含ませたスポンジでこすり洗いしましょう。汚れが残るようなら、クリームクレンザーをつけた歯ブラシで洗い落とします。
■フード本体
ぬるま湯につけて軽く絞った布で、まずは汚れを浮き上がらせます。しばらく置いてから、ぬるま湯で薄めた中性洗剤を布かスポンジに含ませ、汚れを拭き取り、水拭き、から拭きをして仕上げます。
フィルター、ファンの取り外し方法図解
プロペラファンの取り外し方法図解
■プロペラファンの取り外し方法
フィルターを取り外した後、化粧カバー下部のツマミねじをゆるめて化粧カバーを外します。プロペラファンの中央にあるスピンナーを回し(通常のねじとは逆方向のものが多く、「ユルム」等の表示があります。)、プロペラを取り外します。油などで汚れすべりやすくなっていますので落下にご注意ください。
注意! レンジフードのお手入れは、必ず電源を切ってから行いましょう。
このページの先頭へ
⑦壁面:お手入れの頻度/週1回
上から下へ 中性洗剤を含ませた布で上から下に拭き下ろします。油はねが飛んでしまった時は、クリームクレンザーをつけた歯ブラシでこすり落とし、布で拭き取っておきます。
⑧床面:お手入れの頻度/週1回

コンロ回りとシンク回りの床は毎日、固く絞った布で拭きます。油が飛び散ったり、こぼれたりした時は、すぐに乾いた布で拭き取り、その後住宅用洗剤で拭き、水拭きしたあと、から拭きで仕上げます。

Copyright © 2017 NORITZ Corporation. All Rights Reserved.
ご不明な点などございましたら  
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ窓口一覧はこちら