製品を安全に、正しくお使いいただくために

一覧へ戻る

ガス小型湯沸器をお使いのお客さまへ

右記のような古いガス小型湯沸器で事故が起きています。特に不完全燃焼防止装置の付いていない機器はお取り替えください。

このような機種は以下の「注意事項」「安全確認に関する事項」をご確認ください。

故障・異常かな?と思ったら

取扱説明書の故障についての記載事項を確認してください。取扱説明書に記載以外の内容や、記載の処置をしても改善されないときは使用を中止し、販売店または当社窓口にご連絡ください。



ガス小型湯沸器ご使用時の注意事項
ご利用の際は窓を開けたり、換気扇を回したりして換気をおこなってください。

■ガス小型湯沸器は換気扇を回しながらご使用ください。
■閉めきった部屋で使用しないでください。
※特に冷暖房中はご注意ください。

換気が不十分だと空気中の酸素が減少し、一酸化炭素中毒が起こる恐れがあります。
※最悪の場合は死に至る可能性があります。

・換気扇を回す。
・窓を開ける。
・レンジフードのファンを回す など。

※屋内設置形の排気筒(煙突式)ふろがま、窓のそばに設置されている屋外設置形給湯機器を使用しているときは、換気扇を回さないでください。
以下の症状の場合は即ご使用を中止し、ガス栓を閉じ、販売店またはもよりのガス事業者にご連絡ください。

■ご使用を中止していただきたい症状。

  1. 使用中に異常燃焼する(写真1)。
  2. 使用中に炎があふれる。
  3. 使用中に異常音、異臭を感じる。
  4. 使用中に途中で火が消える。
※不完全燃焼による一酸化炭素中毒の恐れがあります。
おふろへのお湯はりやシャワーとしてのご使用はおやめください。

■台所や洗面所など、機器が設置されている場所でのみご使用ください。

・ホースで延長するなどしておふろなどに給湯したりする事は絶対にお止めください。
・シャワーとしてのご使用など長時間の給湯は絶対にしないでください。

※故障の原因となるばかりでなく室内の空気を汚染して不完全燃焼を起こし、一酸化炭素中毒の恐れがあります。

やけどにご注意ください
お湯を使用するときは、手でお湯の温度を確かめてから使用してください。
※やけどの原因になります。
火をつけたまま、離れたり外出、就寝しないでください。
※火災・一酸化炭素中毒など思わぬ事故の恐れがあります。
安全装置が作動したときにはご使用を中止し、販売店またはもよりのガス事業者にご連絡ください。

不完全燃焼装置のついた、ガス小型湯沸器は不完全燃焼を起こすと安全装置がはたらいて、燃焼停止します。
又、使用中、燃焼停止した時は、一酸化炭素が発生している可能性がありますので、絶対に繰り返し点火はしないでください。
再点火して繰り返し使用すると、一酸化炭素中毒事故につながるおそれがあります。
すぐに使用を中止し、販売店またはもよりのガス事業者にご連絡ください。

安全装置が作動するのは・・・酸素不足(長時間使用)、熱交換器の詰まり(経年劣化)などの原因が考えられます。
ガス・石油機器等の設置に関するご注意はこちらをご確認ください

こんなに危険です!一酸化炭素中毒は?

おすすめの取り替え給湯機器はこちらを確認してください
Copyright © 2018 NORITZ Corporation. All Rights Reserved.
ご不明な点などございましたら  
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ窓口一覧はこちら