製品を安全に、正しくお使いいただくために

一酸化中毒とは?

給湯機器を安全にお使いいただくために、一酸化炭素中毒にご注意ください。

一酸化炭素は少量でも危険

色もニオイもないけど、毒性は強力!

  • 無色・無臭なので、とても気づきにくいのですが、毒性は強力。少量でも危険です。
  • 軽度の中毒症状は風邪に似ていて、気づくのが遅れることがあります。
    頭痛・吐き気がしたら要注意。重くなると手足がしびれて動けなくなることがあります。
  • 重症になると、脳細胞が破壊されたり、意識不明になるなどして、死に至ることもあります。
[空気中の一酸化炭素濃度と吸入時間による中毒症状]
・0.04% = 1~2時間で前頭痛や吐き気、2.5~3.5時間後に頭痛がします
・0.16% = 20分間で頭痛・めまい・吐き気がして、2時間で死亡
・0.32% = 5~10分で頭痛・めまい、30分間で死亡
・1.28% = 1~3分間で死亡
一酸化炭素中毒にご注意ください。
※0.04%って、どのくらい?
標準的な浴室(5立方メートル)に、2Lのペットボトル1本分の一酸化炭素を混ぜたくらい。
それだけでも吐き気が起きるほど毒性の強い気体です。
換気にもっと気配りを。

ガス機器の使用中は換気してください。
ガスは新鮮な空気がないと完全に燃えません。
小型湯沸器やガスコンロなどの使用中は、換気扇を回し、換気をしてください。

[1時間の使用に必要な空気]

・ガスコンロ(ガス消費量7.3kW)       →       7.6立方メートル(ドラム缶38本)
・小型湯沸器(ガス消費量11kW)       →       11.4立方メートル(ドラム缶57本)
・CF式ふろがま(ガス消費量12kW)       →       12.4立方メートル(ドラム缶62本)
・大型給湯器16号(ガス消費量34.9kW)       →       36立方メートル(ドラム缶180本)
  • ファンヒーターやストーブご使用時は・・・
    お部屋を閉めきったまま暖房を続けていると、新鮮な空気が不足します。30分に1回、1分程度換気を行ってください。

長時間ご使用の給湯器は、ぜひ点検を!

Copyright © 2018 NORITZ Corporation. All Rights Reserved.
ご不明な点などございましたら  
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ窓口一覧はこちら