ガス化

1960年代、日本の家庭のエネルギーが薪・石炭からガスへと大きく転換した。能率でもガス釜の開発を開始。当時「ガス釜が銅製」という常識を覆し、高効率でデザイン性の富んだアルミ製の釜「GS型」を発売。平釜の能率からガス釜の能率へ大きな転換期を迎えた。

ガス化

1961年
ガス風呂釜「GS型」を発売
1962年
明石市西江井ヶ島に明石工場を建設、自社生産を開始
ガス会社135社が「GS型風呂釜」を採用
1963年
小型湯沸器「GQ-4」、石油ボイラ「OM型」を発売
1968年
社名を「株式会社ノーリツ」に変更
空焚き安全装置「ガスカット」付きガス風呂釜を発売
1969年
流し台ガス給湯器「GQF-12」を発売
1970年
浴室内から種火の点火・消火ができる「マジコン」発売
創業期(1951~) 給湯化と複合化(1972~)
Copyright © 2018 NORITZ Corporation. All Rights Reserved.
ご不明な点などございましたら  
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ窓口一覧はこちら