SOU・SOU×NORITZ

SOU・SOU×NORITZ ニッポンのおふろをテーマにした新しい和の美を表現するコラボデザイン。

"ニッポンのおふろ"をテーマに誕生したコラボデザイン。

和の魅力やおもてなしの心が見直されている昨今。「家に帰っておふろに入るとき、日本に住んでいて良かったと思える浴室をつくりたい」という気持ちから京都発のテキスタイルブランドSOU・SOUとノーリツのコラボ企画がスタートしました。そこで選ばれたデザインは、「銭湯の壁画といえば富士山。この企画のために描きおこした」という“富士山景”。SOU・SOUのテキスタイルは、和のモチーフと日本の伝統的な色使いでありながら、大胆なスケール感によってポップな印象を与えるのが特長。その新感覚の和柄を取り入れて、“ニッポンのおふろ”のコンセプトを体現するウォールデザインが生まれました。

ニッポンのおふろをテーマに誕生したコラボデザイン。

富士山景Fujisankei

わが家のお風呂で銭湯気分。
日本の名峰、富士山を眺めながら心から癒やされるひとときを。

富士山景

真っ白な雪を冠し、雲海の上にそびえる雄大な富士山は、銭湯でもお馴染みの懐かしい絵柄。まるで温泉に浸っているように、日々の疲れを忘れさせてくれる癒しの時間が流れます。

ハッピーパレットでプランニング

富士山景

SOU・SOU KYOTO

京都発、新しい和の美。

「SOU・SOU」は、プロデューサーの若林氏が、脇阪氏のテキスタイルに出逢ったことから始まりました。時代に流されない普遍性と、なんとも言えない手描きの可愛らしさ、温かさのあるデザインの虜になってしまったのが「SOU・SOU」誕生のきっかけと言います。そのデザインモチーフは、見たものをただ描くというのではなく、自分のイメージから湧き出るものを描いていることが多く、実際には存在しないものもいっぱいあります。けれど誰もがどこか親しみを覚える絵柄だから、それを見る方も、自分の感性やイメージを重ね合わせて見ることができます。「日本には豊かな自然がある。移ろいゆく四季がある。そしてここ京都には、すばらしい伝統文化がある」そんな想いから、今の日本だからこそ生まれるポップなデザイン、京都で暮らしているからこそ創り出せる感性を大切に、次への時代へと続く、新しい和の美の世界を発信しています。

左:SOU・SOUプロデューサー/若林 剛之 氏、右:SOU・SOUテキスタイルデザイナー/脇阪 克二 氏

左:SOU・SOUプロデューサー/若林 剛之 氏
右:SOU・SOUテキスタイルデザイナー/脇阪 克二 氏

SOUSOU
SOUSOU

SOU・SOU

「新しい日本文化の創造」をコンセプトにオリジナルテキスタイルを作成し、和服から雑貨、家具にいたるまで幅広く製作、販売する京都のブランド。

記載の商品については下記アドレスをご覧ください。
http://sousou.co.jp

ハッピーパレットシステム

シミュレーション

Art Wall Plus

お気に入りのバスが見つかるシミュレーション

ピックアップ

katakataが描く壁 SOU・SOU×NORITZ OWRe オ・ウ・レ 5 INTERIOR TASTE
  • katakataが描く壁
  • SOU・SOU×NORITZ
  • OWRe オ・ウ・レ
  • 5 INTERIOR TASTE
PAGE TOP