台風・豪雨・落雷の場合

安全上の重要注意事項

  • ①まずは、安全確保を最優先に行動してください。
  • 台風・豪雨時の影響で土砂災害や川の増水、道路住宅の浸水などの被害が発生することがあります。
    危険を感じたり、自治体からの避難勧告があった場合は速やかに避難してください。
  • ②台風・豪雨のときは給湯機器の安全装置が作動し、点火しない場合があります。
  • その場合は一時的に給湯機器のご使用をお控えください。
  • ③雷が鳴り始めたら、給湯機器の運転を停止し一時的にご使用をお控えください。
  • ご自宅の電源ブレーカー(給湯機器回路箇所)を落としてください。
    他の家電製品と同じで給湯機器の電源プラグをコンセントから抜いていただくと安心ですが、屋外機種の場合は雨が降っているときはお控えくだい。
    濡れた手でコンセントに触ると感電の恐れがあり危険です。

一時的に運転スイッチを「OFF」

台風・豪雨・落雷時は一時的にご使用をお控えください。

濡れた手で
触らない

落雷時に屋外設置形給湯機器の電源プラグを抜く場合、雨が降っているときはお控えください。濡れた手で触れると感電する恐れがあり危険です。

給湯機器 〜 台風(強風)が予測される場合の準備 〜

配管カバー・据置台のフロントカバー取り付け時の注意

屋外設置形の給湯機器で別売の配管カバー、据置台を設置している場合は、ネジのゆるみがないか点検してください。

1.フロントカバーの下部の穴に、ケースの前下部の突起をはめる

2.フロントカバーを閉め、ガタつきやゆるみのないようネジをしっかりと締める

給湯機器 〜 台風・豪雨・落雷が収まってからご使用まで 〜

リモコンの時計合わせをしてください

浴室リモコンの表示例

電源ブレーカーを落としたり電源プラグを抜くと給湯機器のリモコンの時計表示が初期値に戻り「00:00」または「ーー:ーー」の表示で点滅します。
時計合わせの操作方法は機種によって異なります。ご使用の機種の取扱説明書をご確認ください。取扱説明書は以下からもご覧いただけます。

取扱説明書ダウンロード

故障(エラー)表示の確認

ご使⽤の前に給湯機器のリモコンで下記の故障(エラー)表示が出ていないかご確認ください。

浴室リモコンの表示例

台所リモコンの表示例

ガス給湯機器の場合

石油給湯機器の場合

台風、豪雨の際は給湯機器の安全装置が作動し、点⽕しない場合があります。その場合、以下の故障(エラー)表⽰が出ます。

点火不良時に出る故障(エラー)表示例

111

/

E06

/

06

/

112

雨の影響で給湯機器内の湿度が高くなります。
その場合、給湯機器は感電防止など安全のため一時的に機能を低下させます。それにより、点火しなくなったり点火しづらくなる可能性があります。
雨がやみしばらくしても故障(エラー)表示が出る場合は、販売店さままたは弊社アフターサービスへご依頼ください。

給湯機器が冠水・浸水した場合

万が一、給湯機器が冠水・浸水してしまった場合は泥やゴミなど異物が機器内部に残っている場合があります。
そのまま使用せず、販売店さままたは弊社アフターサービスへ点検・修理をご依頼ください。

よくあるご質問(台風・豪雨・落雷関連)

その他 緊急時・災害時

台風・豪雨・落雷発生時は停電、断水も発生する可能性があります。あわせてご確認ください。

お問い合わせ窓口

ノーリツコンタクトセンター
0120-911-026
通話料金無料
※ 携帯電話からは0570-064-910
(通話料がかかります)

現在の受付状況・時間など詳細はこちらをご覧ください。

お問い合わせ窓口一覧

PAGE TOP