企業価値向上にむけて

企業価値向上の基本的な考え方

CSRの取り組み

CSRの取り組み

ノーリツグループは、ステークホルダーとのエンゲージメントを通じて社会の要請と期待を感じ取り「事業活動を通じて社会課題の解決に貢献する社会的価値」「事業戦略に沿った経済的価値」「ノーリツらしさを追求するブランド価値」の3つを深く融合した事業活動を進めています。

これら3つの価値を拡大し、融合していくために 企業価値創造の源泉であるQ+ESGを磨き向上し続けます。これらの取り組みを通じて、すべてのステークホルダーの笑顔と感動、すなわち「新しい幸せを、わかすこと。」を実現していきます。

ミッション・バリュー・ビジョン

CSR推進体制

2007年より代表取締役社長が委員長を務めるCSR委員会を設置し開催しています。2019年からは毎月開催される取締役会や経営会議の場でもCSRに関する課題の審議・決定をおこなうことで経営とCSRの融合を実践するとともに、取り組みの迅速化を図っています。
4月と10月に開催するCSR委員会ではマテリアリティのKPI進捗について確認し、PDCAマネジメントを推進しています。

CSR推進体制図

経営とCSRの融合に向けた主な取り組み

2019年度の主な活動 主な取り組み
マテリアリティの再整理 これまでのマテリアリティをQ+ESGのカテゴリに再整理し、V20期間中のKPIを見直しました。
ステークホルダーダイアログ実施 第5回目となるノーリツステークホルダーダイアログを実施し、経営課題の設定の参考にしました。
PAGE TOP