楽しく、安全に料理できるようバックアップ。

使って安心編

すべてのバーナーに安心センサーを搭載

Siセンサーコンロ

Siセンサーコンロとしてすべてのバーナーに安心センサーを搭載しています。また、国・業界の安全基準を満たし、さらに高い安全機能を設けて、キッチンの安心をサポートします。

鍋底が焦げつきはじめたら自動消火

全口焦げつき消火機能

鍋底の焦げはじめを感知し、お料理が台無しになる前に自動的にガスをストップします。

※ 鍋の材質や調理物によって焦げつきの程度は異なります。

油の過熱を防ぐ自動火力制御で揚げもの調理をサポート

調理油過熱防止装置

センサーが鍋底の温度を直接感知し、油温をチェック。約250℃の温度を保つように、自動で火力を制御して油の自然発火を防ぎます。

万一の消し忘れにもしっかり対応

全口消し忘れ消火機能

コンロ・グリルとも一定時間が経過すると、自動で消火。焦げつき自動消火など、安全機能作動時は、優先して自動消火します。

炎が立ち消えしたら自動的にガスをストップ

全口立消え安全装置

全口立消え安全装置

煮こぼれや風などで万一火が消えてしまったら、自動でガスを遮断します。

安全基準
調理モード判別

高温での調理もスムーズに

早切れ防止機能

約250℃になると自動で火力調節し、温度をキープ。炒めものなどの際に消火せず、お料理が続けられます。

※条件により消火する場合があります。

炎あふれを抑制する安心設計

フレームアレスター

グリル排気口からの炎あふれを防ぐ金網を排気口内部に設け、グリル過熱防止センサーに加えて、安心に配慮した設計です。

グリル庫内の温度を見張る

グリル過熱防止センサー

庫内の上下2つのセンサーが庫内温度をチェック。異常な温度上昇を検知し、自動消火します。

●Siセンサーコンロを正しくお使いいただくために

禁止

・ 温度センサーの上面と鍋底やフライパンの底などが
密着していないときは使用しない

・ 鍋底やフライパンの底などに異物や著しい汚れ、焦げなどが
付着したまま使用しない

温度センサーが鍋底やフライパンの底などの温度を正しく検知できずに、発火や途中消火、機器焼損の原因になります。
鍋の重さは、調理物を含め300g以上必要です。とくに片手鍋は調理物の重さが軽くなると温度センサーの力により、鍋やフライパンなどが押し上げられて傾いたり、ずれ落ちる場合がありますので、取っ手を持って安定した状態で使用してください。

禁止
禁止

・ 耐熱ガラス容器や土鍋など、熱が伝わりにくい容器で油料理をしない

調理油過熱防止機能が作動せず、調理油が発火するおそれがあります。

・ 焼網は使用しない

トッププレートに落ちた油などが発火したり、機器の異常過熱のおそれがあります。

Copyright © 2018 NORITZ Corporation. All Rights Reserved.
ご不明な点などございましたら  
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ窓口一覧はこちら