法律に基づく点検について

法定点検とは
法定点検とは「特定保守製品」(※1)を購入していただいたお客さまへの有償点検です。
(※1)2009年(平成21年)4月以降に製造の特定保守製品が対象です。
    温水暖房付の屋内式ガス瞬間湯沸器については、2011年(平成23年)7月以降に製造の製品が対象になります。
長期間の使用に伴い生ずる劣化(経年劣化)により、安全上支障が生じ、特に重大な危害を及ぼすおそれが高い「特定保守製品」9品目について、「消費生活用製品安全法(消安法)」が改正され、「長期使用製品安全点検制度」が2009年(平成21)年4月1日より施行された点検制度です。
特定保守製品の所有者は、「所有者登録」を行い、設計標準使用期間(業務用3年/家庭用10年)に基づき、点検期間中に「法定点検(有償)」を受けることが求められています。
所有者登録をしていただくと、点検期間が始まる前に「法定点検通知」を郵送します。
tokuhoshu.gif
制度に関する義務・責務について
長期使用製品安全点検制度では、安全を推進していくためにお客さま(所有者または管理会社)および各事業者においての義務と責務が決められています。
flow.jpg
消費生活用製品安全法についての詳細は経済産業省のホームページをご確認ください。



ノーリツの対象機器(特定保守製品)
2009年(平成21年)4月以降に製造の特定保守製品で、以下の製品が対象です。
温水暖房付の屋内式ガス瞬間湯沸器については、2011年(平成23年)7月以降に製造の製品が対象になります。

(※1)給湯能力32号以下
2015_itemlist01.jpg

こちらの製品にはカタログ・取扱説明書、製品同梱の所有者票に「特定保守製品」と記載されています。
なお、ガス暖房専用熱源機・石油暖房専用熱源機は特定保守製品ではありません。

banner_kensaku_off.gif

法施行前(2009年3月以前)に製造された「特定保守製品」を10年近くお使いの方は、安全・安心のために速やかに、点検(法律に準じた点検)のご検討をお願いします。
  • 詳しくはこちら をご確認ください。


点検までの流れ
2009年(平成21年)4月以降に製造の特定保守製品が対象です。
温水暖房付の屋内式ガス瞬間湯沸器については、2011年(平成23年)7月以降に製造の製品が対象になります。
nagare.gif 点検料金
baner_half_tourokumokuteki.gif
baner_half_tourokuhouhou.gif

  • 製品により「点検お知らせ機能」が作動する場合があります。詳細はこちら をご確認ください。


点検期間
jiki.jpg
点検実施について
点検内容 「長期使用製品安全点検制度」について製品の区分ごとに点検項目、内容が定められています。ガス・石油給湯機器、ビルトイン式食器洗い機によって、それぞれ異なりますが、およそ30の点検項目があります。(機器のオーバーホールなどは行いません。) 点検時間は、点検終了後の点検内容のご説明、注意事項のご案内などを含め、1時間程度必要になります。
点検診断担当員 法律で定められた点検基準により実施するもので、法定点検員資格を有した最寄りの点検委託サービスショップの点検診断担当員が訪問時に認定書を提示し、点検を実施します。
banner_ryokin_off.gif
banner_chui_off.gif
    お問い合わせ先
    footer_contact.gif
    Copyright © 2017 NORITZ Corporation. All Rights Reserved.
    ご不明な点などございましたら  
    お気軽にお問い合わせください。
    お問い合わせ窓口一覧はこちら