第7回「おふろって楽しいでSHOW!!」は京都の老舗銭湯・錦湯で開催しました
●錦湯(京都市中京区)

web1.jpg昨年5月からスタートしたノーリツの浴育事業「おふろって楽しいでSHOW!」おかげさまで7回目の開催を迎えました。今年は全国各地での開催を予定していますが、その第一弾は、422()の京都。観光客でにぎわう“京の台所”錦市場にほど近い「錦湯」さんで開催しました。昭和2年創業、85年の歴史がある木造3階建ての銭湯は、宮崎駿のアニメ映画に出てきそうな雰囲気。のれんをくぐった男湯がこの日の会場です。

あいにくの雨にも関わらず、幼稚園から小学生の子どもたちと家族、約30人が来場。おじいちゃん、おばあちゃんと来てくれた子どももいて、会場は満員御礼になりました。

昔ながらの柳行李が並ぶ中、おなじみのプログラムがスタート! 今年もかおるお姉さんの紙芝居「パンダの不思議なお風呂」、とおふろに入り隊・ミッシェルが加わったクイズ「銭湯・お風呂マナー」は大人気。ふだんから錦湯に通う子どもたちだけあって、次々に正解の手が上がりました。

続く「おふろに入り隊」のミニライブは、高い天井のおふろに反響して、楽しいステージに。「♪おふろにはいろ、おふろにはいろのマンボ」の歌と踊り、京都の子どもたちも気に入ってくれたようです。続くステージには、錦湯でおなじみの「銭湯音頭」を歌うゲスト「月と蛙」も登場。豆絞り手拭いを頭に、みんなちょっと難しい踊りに挑戦してくれました。子どもたちのごほうびに、今年から「がんばったで賞」のメダルも加わりましたよ!

しめくくりは、ひと足早いですが、55日の子どもの日の季節湯として有名な「菖蒲湯」体験です。青々とした菖蒲を入れるおふろは、子どもたちの成長を願う「子どもの日」の伝統行事。汗をかいた子どもたちは、初めてのしょうぶ湯に大はしゃぎでした。「おふろって楽しいでSHOW!」、次回は5月に福岡の幼稚園で開催予定です。

Web21.jpg

 

 
ページトップへ

ノーリツサイトはこちら

「浴育」は東京ガス(株)の登録商標です。