主な特長

建物の屋上や遊休地で電気をつくる 産業用太陽光発電システム JKM260P-60-J
産業用太陽光発電システム専用お問い合わせ コンポーネント営業部 産業用PV販売グループ TEL:078-941-3298 FAX:078-941-3565

太陽光発電の主な特長

特長1 発電した電力は全て買取り

『再生可能エネルギー全量買取制度』では発電した電力は1kWhあたり34.56円(税込)、買取り期間20年で買取ってもらえます。
(余剰電力買取り制度対応プランもございます。)

長期的に大きな経済効果が期待できます。
※2014年度の制度のおける単価、期間です。

特長2 遊休地や未利用地の活用

建物の屋上や空き地などの有効活用ができます。例えば工場立地法では、敷地面積の一定割合を緑地などの環境施設面積とすることが義務付けられていますが、太陽光発電システムは緑地以外の環境施設に該当します。

工場の新設や増築時に敷地の有効利用が可能となります。

特長3 税制もバックアップ

産業用(10kW以上)太陽光発電設備は『グリーン投資減税』の対象設備となります。取得価格の7%相当額の税額控除(中小企業様)、取得価格の100%を即時償却などの適用対象となります。

経済的負担が軽減されます。

特長4 もちろん地球環境を保護

太陽光発電は設置後、発電の為の燃料が必要ありません。化石燃料を燃焼せずCO2排出量を削減できます。

温暖化の防止に貢献できます。

参考用資料

全量買取制度の概要

全量買取制度のシステム(略図)

主な特長

  • 太陽光で発電した電気をすべて電力会社に売電します。
  • 構内では使用しません。
  • 売電電力単価は1kWhあたり34.56円(税込)となります

余剰買取制度の概要

余剰買取制度のシステム(略図)

主な特長

  • 太陽光で発電した電気はまず建物内の電気機器で使用されます。使用する電気の量が発電量よりも多いときは、不足分を電力会社から買います。一方、建物内での使用量よりも発電量のほうが多い場合は、余った電気(余剰電力)を電力会社に売ることができます。
  • 売電電力単価は1kWhあたり34.56円(税込)となります
  • 工期はパネル枚数や電力会社への申請認可待ちなどによって、2か月~6か月程度となります。
  • 屋根の材質、老朽化、その他の理由により、設置できない場合があります。
  • その他、ご不明な点は当社までお問い合わせください

※売電電力単価は制度改正等により変更されることがあります。上記は2014年度の単価となります。

産業用太陽光発電システム専用お問い合わせ コンポーネント営業部 産業用PV販売グループ TEL:078-941-3298 FAX:078-941-3565
お近くのノーリツショールームへ
カタログを見る/カタログ請求
お問い合わせ窓口一覧はこちら
Copyright © 2018 NORITZ Corporation. All Rights Reserved.
ご不明な点などございましたら  
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ窓口一覧はこちら