ろ過システム(業務用浴場システム)

浴場運営には、日常の清掃業務や浴槽水のろ過に関する諸作業、これに関わる人的労働力、また、社会的にも注目を集めているレジオネラ菌や大腸菌等の繁殖防止をはじめとする衛生管理業務など、実に様々な要素が求められます。
ノーリツでは「お湯まわりのプロ」として、長年培った業務用浴場機器のノウハウとアイデアを活かし、浴場管理業務を大幅に合理化できるシステムをお届けいたします。

 

公衆浴場で定められた規制
厚生労働省より平成12年12月に「公衆浴場における衛生管理要領」が改正されました。浴槽の水質基準について濁度、過マンガン酸カリ消費量(有機物)、大腸菌群に加え、「レジオネラ属菌数」が項目に追加され、レジオネラ菌に対して厳重な管理がなされるように指導されています。また、ろ過機が設置されていない浴槽は、毎日お湯を全量、入れ替えるように指導されています。
浴場の維持費
業務用浴槽で使用するお湯の量は何トンにもなります。ろ過機を設置して「ろ過」「殺菌」をすると、いつもきれいなお湯が保てるのはもちろんのこと、毎日お湯を入れ替える場合と比較し、燃料費、水道代は大幅に節約が可能です。
浴場経営には、ろ過と殺菌が不可欠です
一般的にレジオネラ菌は、塩素濃度0.4ppm、15分間で死滅すると言われています。レジオネラ菌の繁殖防止には、「塩素濃度の日常管理」が最も重要な用件です。RAF‐NCシリーズは塩素センサーにより、運転中、常に最適な塩素濃度に自動制御します。これにより、お客様に、快適に安心して浴場をご利用いただけます。
ろ過ユニット RAFシリーズ
Copyright © 2017 NORITZ Corporation. All Rights Reserved.
ご不明な点などございましたら  
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ窓口一覧はこちら