お問い合わせ窓口一覧 サイトマップ

積雪による給湯機器の破損(故障)予防のお願い

積雪により給湯機器の給気口や排気口が閉塞された状態で機器を使用されると、不完全燃焼や異常着火が発生し、事故や故障の原因となります。降雪時は給湯機器に雪が積もってないことを確認の上、使用してください。
降雪量が少ない地域でも、不意の大雪や屋根などに降り積もった雪の落雪などにより機器の給排気口が閉塞する場合がありますので、下記対応をお願いいたします。
降雪や屋根などからの落雪により機器が破損したときの修理は、保証期間内でも有償修理になります。
●積雪時には給湯機器をご使用される前に、給気口・排気口が雪によりふさがれてないか点検、除雪してください。
使用中や使用後しばらくは排気口付近が高温になっていますので注意してください。
●排気方向を変更するカバーを取り付けている場合はご使用される前に、カバーが雪によりふさがれてないか点検、除雪してください。

使用中や使用後しばらくは排気カバー付近が高温になっていますので注意してください。

●雪が止んでも自宅や燐家の屋根に降り積もった雪の落雪により、機器の給排気口が閉塞するケースも発生しています。雪解けするまで注意してください。