お問い合わせ窓口一覧 サイトマップ

凍結してしまったら・・・(対処法)

凍結してしまったら(凍結してお湯がでない場合)
運転スイッチを「切」にする。(「入」にしていると燃焼する場合があります)
気温の上昇により自然に解凍するまで待つことをおすすめします。
給湯栓から水が出るようになっても、機器や配管から水漏れなどがないかよくご確認のうえ、使用してください。
すぐにお湯を使いたい場合は、以下の方法をお試しください。

1. 運転スイッチ「切」にし、台所などの給湯栓を少し開けておく。

2. ガス栓を閉める。(石油給湯機の場合はオイルタンクの送油バルブを閉める)

3. 給湯機器本体の給水元栓を回してみる(閉めてみる)。

給水元栓が回るのに水が出ない場合
給水元栓以外が凍結しているため、給水元栓を必ず閉め、気温の上昇により自然に解凍するのを待つか、販売店または、当社窓口にご連絡ください。
給水元栓が凍結して回らない場合

<1> タオルを給水元栓のまわりに巻く

<2> 人肌程度(30~40℃)のぬるま湯を給水元栓に巻いたタオルにゆっくりかける。

<3> 給水元栓が回る(水が流れる音がする)ようになったら、1. で開けておいた家の中の給湯栓を閉める。

<4> タオルを外し、給水元栓のまわりについた水を乾いた布で拭き取る。


※熱湯をかけると配管が破裂するおそれがあります。 

※機器の電源コード・プラグ、コンセントにお湯がかからないように注意してください。 

※ガス栓とまちがえないように注意してください。 

※保温材や配管に水がついて残ると、その水が原因で後に再び凍結する恐れがあります

凍結が解決したら

今後凍結しにくいようにするため、給水元栓まわりに保温材をかぶせるなどの処置をしてください。

わからないときは、販売店にご相談ください。