新中期経営計画「Vプラン20」

Mission Statement ミッション・ステートメント 私たちノーリツグループは、次のステージに向かいます。ビジネスフィールドをグローバルに定め、お湯のある生活を通じて世界中の人々の豊かな暮しと幸せを創造するために理念体系を一新しました。
Mission Statement ミッション・ステートメント 私たちノーリツグループは、次のステージに向かいます。ビジネスフィールドをグローバルに定め、お湯のある生活を通じて世界中の人々の豊かな暮しと幸せを創造するために理念体系を一新しました。

新中期経営計画 4つの重点施策

■ 重点施策1 事業ポートフォリオの「再構築」

主力である温水事業に経営資源を集中し、競争力のある新製品の開発・販売を強化するとともに、国内事業における低収益事業の再建に取り組みます。

図

※グレーは2017年時点、赤は2020年を表しています。

■ 重点施策2 国内事業の「収益力強化」

需要減少を前提とし、製造工程の付加価値の取り込みなどによる生産モデルの変革や、独自の点検制度を活用したお客さまとの関係強化による販売モデルの構築により収益力強化を図ります。

グラフ
■ 重点施策3 海外事業の「継続拡大」

差別化を図った新製品開発や新規商材のラインアップなどを充実させ継続した成長を図ります。

グラフ

※ガス瞬間式給湯器

■ 重点施策4 企業風土の「改革」

新たに定めたミッション・バリューの浸透を図り、その価値観を全員で共有します。「チャレンジする企業集団」を目指し風土改革や制度改革に取り組みます。

図

ミッション・バリュー(左から日本語、英語、中国語)

ページのTOPへ

「Vプラン20」における財務方針 強い収益構造と資本効率を目指して

■ 営業利益率10%の達成

新中期経営計画「Vプラン20」では、重点施策である「事業ポートフォリオの再構築」、「国内事業の収益力強化」、「海外事業の継続拡大」、「企業風土の改革」の4つを実行することで、営業利益率10%の達成を目指しています。グローバルな領域で持続的に成長を続ける上で必要な目標として設定しました。

グラフ
■ ROE8%に向けて

持続的成長と企業価値向上に向け、ROE8%の実現を目指します。事業構造の変革を図り、営業利益率10%に向けた重点施策を実行し、事業収益の向上にともなうROE目標の達成を実現します。

グラフ
■ 主力温水事業に集中投資

前中期経営計画「Vプラン16」ではインフラ整備や新エネルギー分野に参入するなど、分散して投資をおこないました。新中期経営計画「Vプラン20」では主力である国内外の温水事業の収益に直結する製品開発や金型、内製拡大に伴う機械設備などへ集中投資させる方針です。さらに、投資内容も海外事業への構成比を高めるなど、「Vプラン16」比で年平均約8億円の増額を計画しています。(2017年~2020年の総額は約300億円を計画しています)

投資実績と計画
設備投資額推移
グラフ
設備投資実績
前中期経営計画 11-16年
設備投資計画
新中期経営計画 17-20年

グラフ

※IT投資など無形資産除く
※M&A、新規事業への投資除く

■ 安定的な配当を目指します

短期的な利益増減に左右されるのではなく、継続的かつ安定的に配当することを基本としています。財務体質の健全性を維持しつつ経営環境を踏まえ、連結業績や連結ベースの配当性向を勘案した上で実施させていただきます。

親会社株主に帰属する当期純利益と配当の推移
グラフ
Copyright © 2017 NORITZ Corporation. All Rights Reserved.
ご不明な点などございましたら  
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ窓口一覧はこちら