製品を通じた環境負荷低減

地球の笑顔に向けた取り組み

地球の笑顔に向けた取り組みとして、J-クレジット制度を活用したカーボン・オフセットを2011年より継続しておこなっています。 2017年は「ハイブリッド給湯・暖房システム」とガスふろ給湯器の「GT-C62」シリーズ(オートタイプ除く)の生産時に排出されるCO2をオフセットしました。 環境配慮商品を使う時だけでなく、つくる時も環境に配慮した商品にしていきたいと考え、カーボン・オフセットを推進しています。

2017年は継続したカーボン・オフセットの取り組みが認められ、第7回カーボン・オフセット大賞「優秀賞」を受賞し、エコプロダクツ展において授賞式が開催されました。

カーボン・オフセット推進ネットワーク主催:カーボン・オフセット推進ネットワーク

カーボン・オフセットで低炭素社会へ


ページのTOPへ




製品・サービスの環境配慮

地球規模での環境問題がますます深刻化し続けている中で、日本では、2011年に発生した東日本大震災による原子力発電所の事故を受けて、化石燃料による電力確保を優先すべき事態にもなっており、温室効果ガス削減目標と現実とのギャップがますます拡大しています。
ノーリツグループは、「持続可能な社会」の実現に向け、その三要素である「低炭素社会」「循環型社会」「自然共生社会」の構築に、環境技術・ものづくりを通じて貢献しています。そのために、「地球温暖化の防止」「資源の有効利用」「環境汚染の予防・防止」の3つの視点を軸に、製品ライフサイクルのすべてのステージで環境負荷を低減した製品づくりを推進します。

持続可能な社会

ページのTOPへ

製品の省エネルギー・地球温暖化防止

■ 製品によるCO2排出量の削減(温水機器・太陽エネルギー利用機器)

ノーリツグループの設備機器がそのライフサイクルで排出する温室効果ガス(CO2)は、大部分が使用段階から排出されます。当社グループでは、低炭素社会の構築に向け、お客さまの快適性・利便性を損なうことなく、各世帯の住まい方の実情に合わせた温暖化対策と節電・ピーク電力対策に貢献する多様な設備機器を提供できるよう、高効率温水機器のラインナップの拡充と更なる性能向上に取り組むとともに、再生可能エネルギー利用機器(太陽熱利用システム)などの商品開発に取り組んでいます。

高効率温水機器で省エネ・CO2削減(例)

温水機器分野では、2016年も積極的に潜熱回収型温水機器のラインナップの拡充をおこない、拡販に努めてきました。また、給湯一次エネルギー効率がトップレベルの145%を実現した戸建住宅用「ハイブリッド給湯・暖房システム」を2016年に発売しました。業界で初めて「ノンフロン冷媒」を採用し、ヒートポンプ技術を使用した空気の熱と高効率ガス給湯器のガスエネルギーを利用することで、エネルギー効率を高め、CO2排出量削減に貢献する商品です。

※給湯使用による効率(暖房使用は除く)「住宅事業建築主の判断基準」6地域の条件を参考に当社調べ。

ページのTOPへ

製品・包装における資源の有効利用

持続可能な資源循環を実現し、循環型社会を構築するためには、社会全体での最適化を図るよう取り組まなければなりません。 省資源化設計(小型・軽量化)は、低炭素社会や自然共生社会の構築にも間接的に貢献する最もコベネフィット(相乗便益)を生み出しやすい取り組みの一つですが、自社の事業範囲だけでなく上下流のサプライチェーンを見据え、資源利用全体の実像を考慮して取り組む必要があります。
一方、再生材(再生資源)の利用などの取り組みは、それ以上の総合的な判断が不可欠であり、ライフサイクル全体での評価に基づいた広範囲な視点で、自社製品が廃棄された後の再資源化と再生資源の利用の推進に取り組む必要があります。
ノーリツグループの製品は、長寿命と高い安全性が要求される住宅設備機器が中心であることから、実効性を検証しつつ、ステップ・バイ・ステップで製品の3R対応設計を推進しています。 また、製品の包装材においても、リターナブル包装などの3R対応を推進しています。

3R

ページのTOPへ

製品の環境負荷低減とサプライチェーン

■ 製品における環境負荷物質低減の取り組み

ノーリツグループは、化学物質管理システムの構築と調査依頼・回答でのコミュニケーションなどを通じてグリーンサプライチェーンの強化に取り組んでいます。
製品における有害物質低減については「ノーリツグループ環境負荷物質管理指針」※1に基づいて化学物質の管理をおこない、有害物質対応商品(GP対応商品)※2の開発に取り組むことにより、その構成比の拡大を図っています。
この取り組みは、取引先さまだけでなく、設計・購買・品質保証・製造・営業といった当社の事業活動を含めたサプライチェーン全体で推進しています。
2017年も情報伝達ツールを活用し、製品含有化学物質情報の収集拡大を図りました。
2018年はRoHS指令※3の施行を考慮し、製品含有化学物質データをもとに化学物質管理精度の向上と対応を実施し、製品の環境負荷物質低減に取り組んでいきます。

※1 ノーリツグループ環境負荷物質管理指針:2005年2月に制定。

※2 有害物質対応商品=GP対応商品:RoHS指令対象6物質に当社独自の20物質を加えた26物質を基準濃度以下にした商品。温水機器、厨房機器、ソーラー機器、暖房機器、コージェネレーション機器が対象。

※3 RoHS 指令:電気・電子機器に含まれる特定の有害物質の使用を禁止するEU(欧州連合)の指令。2006年7月施行。対象物質は、鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、特定臭素系難燃剤2種。温水機器、厨房機器は当社グループにおける自主的な取り組み。

GP対応商品の拡大

ページのTOPへ

海外での省エネルギー機器

2016_map.jpg
■ 中国エリア(中国、香港、マカオ、台湾)

中国においては、PM2.5に代表されるように環境汚染防止やCO2排出量削減など、環境問題に対する取り組みが急務となっています。

そのような環境変化の中で、省エネルギーやCO2排出量削減に寄与できるコンデンシング(潜熱回収)型ガス瞬間式給湯器の販売に力を入れ、環境負荷低減に取り組んでいきます。


2016_kaigai01.jpg
■ 北米エリア(アメリカ、カナダ)

アメリカでは政府が環境ビジネスを推進し、環境配慮・省エネ機器の需要が高まっています。

給湯器でも、従来の貯湯式給湯器から、高効率・節水が期待できるタンクレス(ガス瞬間式)給湯器への置き換えが進み、より効率が高いコンデンシング型の需要も拡大しています。

2015年にタンク式からの取り替え工事が容易なタンクレス給湯器「EZTR」を発売。

タンクレス需要を創出することで、省エネルギー・CO2削減に貢献しています。



2016_kaigai02.jpg
■ オセアニアエリア(豪州、ニュージーランド)

2016年に、海外子会社Dux Manufacturing Limited社から、高効率瞬間式給湯器を発売しました。同社が強みを持つ伝統的な貯湯式給湯器の販売と共に、熱効率の高いタンクレス給湯器を販売することによって、省エネルギー・CO2削減に貢献していきます。



2016_kaigai03.jpg
Copyright © 2018 NORITZ Corporation. All Rights Reserved.
ご不明な点などございましたら  
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ窓口一覧はこちら